レポートをいつ提出する?

ひょんなことから、2つの大学で実習レポートをいつ学生が提出するかをいうデータが取れた。それぞれの大学で1回のレポート提出についてだけだだが、学生の傾向(何の傾向?)がわかる。締め切りはどちらも実習実施日から1週間後だ。

他の科目のレポートなどの学生のこのレポート以外の負荷はどうだったかわからない。両大学も特に行事などは実習実施日から1週間はなかった。

20130215report-deadline

 

どちらも学生数は100名強だから相対値にしなかった。明らかに、あっちの大学は学生同士が相談しないと、そして相談がまとまらないと提出しないのだ。相談をまとめるには時間がかかるから、ぎりぎりになるのだ。あっちの大学では、一日以上前に提出されたレポートはオリジナリティがある。したがって、この場合、相談とはコピー・ペーストのことだ。学生のqualityの問題だろうな。

 

iCal と Google Calendarとスマホのカレンダーの同期

とほほ。
これまで使っていたガラ携の液晶画面に斜めの線が入って、液晶画面が壊れてきたので、昨年末にスマホにとりかえたんだよね。

スマホは小さなパソコンなので、最初からいろいろなアプリがあってどれがなんだかまだ把握していない。

スケジュールをスマホで確認するのが当然なので、その設定をやっていたんだよね。これまではMacのiCalとGoogle Calendar を同期させていたわけだ。一昔前、Googleがサービスを始める前は、このサーバの先代のサーバでphpCalendarを動かしていたんだけど。

で、みごとに操作に失敗して、これまでのデータを全部吹っ飛ばしてしまった。Googleを中心にしていたのでGoogleのデータがなくなったら、自動的にMacのiCalのデータもぶっ飛んだ。MacのiCalのデータはバックアップがあるんだけど、iCalのキャッシュをバックアップから元に戻しても、一瞬のうちにGoogleと同期してデータがなくなっちゃう。そういう設定だからしょうがない。というわけで、バックアップのキャッシュから元に戻すのを考える前に、新しくスケジュールを入力することにした。たいしたことないからね。年度末が近いから、大学の25年度のスケジュールは入力していなかったし。繰り返しの会議、授業、実習だけだし、直近のスケジュールはたいした量でないからだ。

どじだったな。それにしてもスマホにはdefaultでメールシステムが複数あるし、スケジュール表も複数あるし、管理者のような じじい には難しいよ。
マニュアルを読まない(どこに有るか知らないし、あっても用語がよくわからん)から試行錯誤でやると、こういう破目になるのさ。

結局 Google Calendar が中心で、MacのiCalとスマホのカレンダーが従うことになった。んで、スマホから入力してMacからキャンセルして…等ができることを確認した。くれぐれも、スマホですべての予定を消去しないこと。スマホの予定を消去して改めてGoogleからダウンロードすればいいと思ったのが大きな間違えだった。

過去のスケジュールは一応 iCalのバックアップをとって置いた。他のMacでネットに繋げないでiCalで開けば読めるだろう。

というのも、かつて、茨城県警の捜査一課の刑事が自宅に着て、アリバイを聞かれたことがあったからね。そのときも、iCalでスケジュールを見て、答えたのさ。iCalでスケジュールを登録してなかったら、何ヶ月も前に何をしていたか憶えているわけがない。TVドラマじゃあるまいし。しかし、あの事件はなんだったんだろうか。事件そのものを教えてくれないのでわからないのだ。

結局、手帳のほうがいいかもね。

スマホのメールがようやくわかってきた。

SPメール:ガラ携でつかっていた電話会社に登録したメール

メール:Googleでないほかのサーバのアカウントをつかうメール。サーバ/ユーザ名/パスワードを設定しないといけないのはパソコンのメールと、あたりまえだが同じ。Gmailでも登録できるだろ。

Gmail:Gmailそのもの

メッセージ:電話番号で接続する短文しか送受信できないメール

そんでもって、自動着信するようにしたら、アラームが鳴るんだけど、アラームの音色もそれぞれ変更したんだけど、アラーム音とどのメールが対応しているのか憶えていられない。とほほ。