OSX10.8サーバ その6 メールサーバその2

Mの更新(Mountain Lion OSX10.8サーバ)その6 メールサーバその2

とりあえず、以下の設定でメールの送受信ができた。

サーバの設定
メールを提供:自分のドメイン example.com とかを入力。
認証:カスタム → すべてチェック = すべての方式
ISP を経由して  → メールのリレーを許可してくれるSMTPサーバ。upstream.com とかを入力する。これがないとメールは送信できない。
SMTP リレー認証はチェックなし (もし、ISPが要求しているのならそれに従って)

フィルタの設定はブラックリストのみON にできる。ほかのvirus filter spam filter をONにすると、クライアントでは送付できたように見えるが届かない。その理由は不明なので、とりあえず3つともチェックしないことにしておく。

クライアントがサーバにアクセスすると(IMAP、POP、SMTPいずれの場合でも)、「セキュリティ例外の通知」あるいはこれに類似したウインドウがでてきて、証明書が不正であると言ってくる。当然だ。有料の証明書を取得していないからだ。独自発行の証明書だから不正といわれてもしょうがない。「セキュリティ例外を承認」として、今後もそのまま承認することにすればいい。
登録したユーザしか使えない。

クライアント側の設置(IMAP の場合)
メール受信サーバ
IMAP
サーバ名:example.com ポート 143
ユーザ名:hoge
接続の保護:STARTTLS
認証方式:暗号化されたパスワード
不正な証明書と言われるが無視

POP
サーバ名:example.com ポート 110
ユーザ名:hoge
接続の保護:STARTTLS
認証方式:暗号化されたパスワード
不正な証明書と言われるが無視

SMTP
example.com ポート 587
接続の保護:STARTTLS
認証方式:暗号化されたパスワード
ユーザ名:hoge
不正な証明書と言われるが無視

メールとメールボックスの最大容量
両方とも無制限にする
/etc/postfix/main.cf
message_size_limit = 0
mailbox_size_limit = 0
/Library/Server/Mail/Config/postfix/main.cf
message_size_limit = 0
mailbox_size_limit = 0
両方のファイルを書き換えないといけないかどうかは不明