Windows Update ができなくなった

MacAir にBoot Camp とWindows7 をインストールしてある。MacAir ではWin を滅多に使わないのだが、ときどきアップデートしないとまずい。今週は、ちとヒマなのでアップデートを試みたら「現在サービスが実行されていないためWindows Updateで更新プログラムを確認できません。コンピューターの再起動が必要な可能性があります」だって。

再起動してもだめだ。そこで、サービスからWindows Update の設定を見たが、問題ない。停止して開始を実行し、再度Windows Update を試みたがだめ。

さがしたら、この方法で直った。

net stop wuauserv
cd %systemroot%
ren SoftwareDistribution SoftwareDistributionold
net start wuauserv
net stop bits
net start bits
net stop cryptsvc
cd %systemroot%system32
ren catroot2 catroot2old
net start cryptsvc

上記をメモ帳に書いてRepair.batというファイル名で保存する。歯車のアイコンのファイルになるので、右クリックから管理者として実行を選択する。DOS窓がでてきて何やいくつかのサービスを停止−開始をおこなって、おしまい。

アップデートできるようになった。
更新プログラムが22ヶもある。あまり使わない機器のメインテナンスはやりたくないが、PCだけはやらないと使えない。油を注しておけば10年間放置しても問題なく使えるというのではないからな。

メール見てる?

あっちの大学の1年生に生理学と生理学実習を教えているのだ。次回の実習の準備とか、実習レポートで指摘することが多くの学生に共通なのでレポートの評価についてはWebページを読めとか、メーリングリストで連絡しているわけだ。このメーリングリストをクラス担任にも学生にも利用を公開しているので、担任からの連絡や学生同士の学園祭の打ち合わせなどに使っている。

さきほど、学生が来て実習室に忘れ物をしたから取りにいきたいとかいってきた。ついでに、メーリングリストのメール見てる?ページ見てる?ときいたら;

携帯の設定を変更できない。親がパスワードを管理しているから。親にパソコンからのメールを受信できるように設定してくれといったら、親は「パスワード忘れた」。だからできない。

だって。

子供が携帯でゲーム三昧で何万円もの請求書が来るという話はよくある。親にとっては経済的にも子供の教育上も制限したいだろう。エロサイトにアクセスしては困る。親だってエロサイトにアクセスしているんだから子供に見せたくないことはよくわかっている。

でも、もう大学生だぜ。管理するならちゃんと管理しろよな。

あ、「ちゃんと」だって。H君の口癖が移った。