新しい職場は…

新しい職場での新学期が始まった。ここの学生食堂は食券を買う必要がある。食券は学生証・職員証がエディカードになっていて、ここにチャージしないと買えない。12時半頃に学生食堂(これしかない、職員食堂なんかない)に行くと、食券の自動販売機はほとんどが売り切れ表示だ。

翌日、12時ちょっと前に行ったら、またもや売り切れだ。講義は12時10分に終わるはずなのに…

顔見知りの上級生をとっ捕まえて、どういうことだ?ときいたら、食堂が用意する食材はぎりぎりなので、すぐ売り切れる。だから学生は1時限目が終わったらその時点で食券を買うんだそうな。とほほ。

大学にの近くに食堂はなく、歩いて5分くらいのところに7-11があるだけの田舎なのだ。弁当持参の学生が多いのもうなずける。蕎麦を注文したら、蕎麦色のうどんだからな。

職員、学生、そうじのおばちゃんまで、礼儀正しい。だから廊下を歩くと挨拶ばかりだ。ここまでは、ま、いいでしょ。しかし、電話の最初の掛け声は「おつかれさまです」だ。なんてこった。違和感があるなぁ~。

支給される経費がまだ使えない。5月くらいになるらしい。プリンタがない。というわけで、事務とか、あちこち掛け合って、絶対、退職した教員がプリンタを置いて行ったにちがいないので、古くてもいいからよこせ、と言ったら、出てきた。まだ新品の複合機。インクも満タン。ずっと使っていいと言われた。が、インクジェットだと維持費が高いので、経費が使えるようになったらレーザーのプリンタを買おう。

新しい職場にも、古い職場から電話がかかってくる。おきまりの「サーバがおかしい」だ。そういうクレームには敏感で、というのもサーバを交換するのができないうちに退職しちゃったからだ。あわててsshでログインしたりしたが問題ない。なんてことはない、その研究室のルータが不調だっただけだ。