3日3週間3ヶ月

3日すぎるとストレスが減り、3週間経つと様子がわかり、3ヶ月経つともう慣れた場所になる。3週間過ぎた。まだ慣れない。あっちこっちで聞きまくっている。といいつつ、提案書と要望書2通も出してしまった。稟議書という大袈裟なものではないので、提案と要望だ。

この3週間に少なくともkibanは3回落ちた。某先生から、最近不調だな。なんとかしろ。との命令だ。1回目と2回目は連絡があって、なんとかしたが3回目は落雷に伴う停電がきっかけで、なにやら末端のネットワーク機器が不調になったらしい。らしいとうのは、19日の夕方のことで、無理すれば筑波へ往復して修復できないことはないが、連絡があったのが夜10時だからな。ちとかんべんしてもらおう。翌日9時から講義だから、徹夜になりかねない。一人じゃ無理かもしれないからな。というわけでメールでの情報しかない。毎週1回とは高頻度過ぎる。それまではkibanサーバが原因でないのも含めて2、3ヶ月に1回のトラブルだったからな。kibanが原因なのは半年に1回くらいだろ。

退職/転職パーティ

4月16日(土)退職・転職パーティを開催していただきました。大勢の方に参加していただき感謝しております。

さて、帰宅して翌日(当然3次会まであったので深夜帰宅なのでしらふになったのは翌日)会場から持ってきた荷物のなかに、見知らぬ名前のヒトからの電報が。宛先みたら他の人の結婚式の祝電だった。つーことは、管理者への電報もどっかにまぎれているのか?

お礼を言わないといけないんだから、困るよな。

沢山の花束で置くところ、花瓶もない。風呂場においた。水をやるのに便利だ。

参加者はほとんどが基礎医学系関係だから、互いに顔見知り。その中に、異質なおばさんが1人。結構、おもしろかったのでは?

パーティは結婚式そのもの。ビートルズの音楽が鳴るなか係員に付き添われて入場。開会の挨拶(これは仲人挨拶か新郎側の主賓かに相当)、乾杯の音頭(これは普通新婦側の主賓)、電報の披露、花束や記念品の贈答(これは結婚式にはないな)手紙の朗読、主賓の挨拶(これは新郎側の男親に相当)、返りに引き出物を渡し(結婚式では椅子の下に置かれていることが多いな)。

ま、笑い声が絶えないようだったので、よかったです。2時間はあっというまでしたな。

新しい職場は…

新しい職場での新学期が始まった。ここの学生食堂は食券を買う必要がある。食券は学生証・職員証がエディカードになっていて、ここにチャージしないと買えない。12時半頃に学生食堂(これしかない、職員食堂なんかない)に行くと、食券の自動販売機はほとんどが売り切れ表示だ。

翌日、12時ちょっと前に行ったら、またもや売り切れだ。講義は12時10分に終わるはずなのに…

顔見知りの上級生をとっ捕まえて、どういうことだ?ときいたら、食堂が用意する食材はぎりぎりなので、すぐ売り切れる。だから学生は1時限目が終わったらその時点で食券を買うんだそうな。とほほ。

大学にの近くに食堂はなく、歩いて5分くらいのところに7-11があるだけの田舎なのだ。弁当持参の学生が多いのもうなずける。蕎麦を注文したら、蕎麦色のうどんだからな。

職員、学生、そうじのおばちゃんまで、礼儀正しい。だから廊下を歩くと挨拶ばかりだ。ここまでは、ま、いいでしょ。しかし、電話の最初の掛け声は「おつかれさまです」だ。なんてこった。違和感があるなぁ~。

支給される経費がまだ使えない。5月くらいになるらしい。プリンタがない。というわけで、事務とか、あちこち掛け合って、絶対、退職した教員がプリンタを置いて行ったにちがいないので、古くてもいいからよこせ、と言ったら、出てきた。まだ新品の複合機。インクも満タン。ずっと使っていいと言われた。が、インクジェットだと維持費が高いので、経費が使えるようになったらレーザーのプリンタを買おう。

新しい職場にも、古い職場から電話がかかってくる。おきまりの「サーバがおかしい」だ。そういうクレームには敏感で、というのもサーバを交換するのができないうちに退職しちゃったからだ。あわててsshでログインしたりしたが問題ない。なんてことはない、その研究室のルータが不調だっただけだ。

またもやkibanが…

退職した日の夜中にkibanがこけた。というのは赴任1日目のところに書いた。

そしたら、本来なら筑波にいるはずの土曜日にまたこけた。9日土曜日は筑波にいるはずだが、赴任先の健康診断がこの日に設定されており、午前中は赴任先、筑波にもどるのは午後3時頃かな~とおもっていたら11時少し前に電話でこけているとの連絡があった。とほほ。高速を使わないと2時間かかる。しょうがない高速使ってなんとか1時間でもどり、再起動。

なんてこった。退職前、kibanがこけることはめったになかったのに。だから安心して、次のサーバへの移行が、地震のため4月にずれ込んでしまっったが、それでもいいと思っていたのに….

赴任2日目以降

4月5日(火)が赴任2日目だ。単身赴任なのでアパートの手続きと、家具付きアパートといえ、なにやら足りないものがあるので、なれない土地をうろうろ。一方通行を無視して走ったり、ごちゃごちゃやってたらおわっちゃったよ。パソコンが使えるようにするのに苦労した。本体にスピーカーがないデスクトップだったのを忘れていて、どうして音がでないのかとなやんだり、モニターとUSB切り替えスイッチがうまく動作しないことを悩んだりしているうちに一日がおわっちゃったよ。パソコンがないと仕事ができない体質になっちゃったから、こういうことになるんだな。メールが山ほどきていたので、対応したら、この日も終わり。

4月6日(水)アパートのガス栓を開けるとかいうので昼頃アパートにもどったり、なんやら原稿を書けという指示に従っているうちに、この日も終わり。またコンビニ夕食だ。アパートの回りの定食屋を開拓する夢もつぶれた。

赴任1日目

さって、数少ないこのblogのリーダーが期待している?新天地?での出来事を記載しよう。

第1日目、つまり4月1日(金)は、9時30分集合であった。指定された場所へいったら、そこは助教の」たまり場で、指定時間を過ぎてもなんの案内もない。新任の助教の一人が筑波大学の人間総合の大学院学生であった。博士論文がまだできておらず、就職と論文作成の二股なそうな。同じ研究科なのにあっちは教育関係でD棟を根城にしているので、これまで会ったことはない。指導教員はだれか?とか、人間総合で管理者を知らないのはもぐりだとか話しているうちに、管理者はこっちの部屋です、個室へどうぞと案内された。案内した人は事務員なのか助教なのかいまだよくわからん。

というわけで、指示待ちのときに、医学から電話。kibanがこけた、どうしたらいい?だって。どうやら、31日に皆(副学長とかxx教授とか)で飲んでいるときにkibanがこけちゃって、翌日、朝まで動かなかったようだ。指示して10時頃には回復したようだ。あー、怒られるなとおもっていたら、やはり月曜日に大学にいったら、「爆弾をしかけたな」と怒られた。偶然とはいえ、おかしかった。

予定が変わったので午前中はなにもないと言われた。げ、わたされた予定表では朝から夕方までスケジュールは詰まっているのに。

学生食堂はまだやってない。学外に出てコンビ二で昼食を買って,個室に戻り、冷たいお茶で昼食中に、今度は、何時にあそこに集まれという連絡が電話できた。こっちは自分の電話番号すらしらないのに、他の人はわかっているようだ。

新任教員の紹介だ。全教員100名そこそこなのに、新任が20名はいる。回転が速い職場のようだ。管理者が一番年寄り(当然だな)なのでトップで紹介された。

そのあと辞令交付。学長には面接試験のところで会っているのでこっちは覚えているけど、相手はどうだか。

そのあといきなり学科の会議。なんだかわからんけど、コメントをしてしまった。やばい。仕事が増えるぞ。

予定を大幅にずれて、夜10時に筑波に帰宅。あーしんど。

月曜日は筑波大学での仕事。次期xx長(複数)へ仕事の引き継ぎが十分できていないので、それに追われてあっという間にすぎてしまった。