kが落ちた

11月1日(土)から3日間の連休の最後の3日にkがこけていたようだ。というのも3日にはアクセスしなかったからきがつかなかった。だれも自宅にクレームの電話をよこさなかった。4日の朝、大学にきて気がついて再起動。

4日夜、またkのメールが使えないというクレーム。こんどは自宅にきた。再起動してもすぐだめになる。原因はメーリングリストのアーカイブ保存パーティションが満タンになっちゃったからで、メール機能だけが使えないことになったのだ。

一時的に余裕のあるパーティションに移動して、HDを倍増することにした。100万円。

サーバを一新して3年。結局なんだかんだといって、増設したり、別途サーバを購入したりで毎年200万円位はかかる。

大昔、インターネットは「ただ」だ ということになっていた。要するに電話やTVとの比較で、通信料が無料が特徴だったが、今では誰もそんなことは信じていない。「ただ」の線に乗るまで経費がかかるのだ。昔は一部の人間が予算をどっかから持ってきてユーザに負担させないで通信させていたから、「ただ」ということになっただけで、みんなが使うようになったら、お金をとらないとやっていけない。

医学も最初、加入者が少なく、合計の経費を人数分でわったら一人2万円となった、そのまま続けていたら、加入者がどんどん増え、予算が1千万円を超えるまでになってしまった。全員が加入しているので、ようやく来年度から中央の経費からまとめて維持費を出してもらうことになる。こうなるまで10年かかった。最初、基盤室は少ない予算で喘いでいたので、なんとか共通経費からとお願いしていたのだけど、あくまでも受益者負担でやれとのことで拒否されたのだ。そのうち加入者が増え、基盤室は余裕ができて、こういうお願いをしないでもなんとかなってきたのだが、今度は事務手続きが面倒になってきた。人数が多いからだ。結局、全員がネットワークを使うということで、共通経費から支出することとなり、受益者負担はなくなった。どっちにしろ、同じ予算からでてくるのだから変わりはないのだけどね。