Leg Magic

某女性準教授から Leg Magic なる健康器具をもらった。どんなものかはGoogle で Leg Magic で検索すれば山ほどでてくる。使用効果についてのページはない!買ったぞというページばかり。7000円位から15000円まで、付録が付いているとかで値段がちがっている。TV通販の大好きな某準教授が懲りずに買ったのだ。幾らで買ったかは、聞く方が恥ずかしいから聞かない。この某準教授の通販好きで恩恵をこうむっているのは、筆者だけではない。筆者のところの某助教はすでに幾つかの物品をちょうだいしているはずだ。

「1日60秒3回やれ」と販売しているところのページには書いてある。某準教授は3日やったら腰が痛くなって止めたそうな。そもそも、歳を重ねて筋力が落ちてそれが原因の腰痛で、本人もわかっているから筋力を戻そうと思ってトレーニング器機を買うけど、過負荷になって腰痛がひどくなるという、下降スパイラルの途上・悪循環にあるから、これを遡るのは容易ではないだろう。

結局、どんな健康器具だってトレセンだって、持続が命。それだけだ。多分筆者の家でも粗大ごみになるだろうが3ヶ月くらい使ってあげないと某準教授に申し訳ない(とは全く思っていないよ)。

ううう。ビデオにあるような、きれいなねーちゃんとおなじピッチで1分はきっつー。

応答がない

生理の実験で、「刺激したのに応答がない」となると、がっくしして止めちゃうだけど、Electronicsの実習は、ほとんど反応がない。医学とX棟と分かれているのでブログなんかわざわざ作ったんだけど、コメントは1件だけ。

しかし、ブログは見ているようだ。あー でも うー でもいいから反応があるとこっちも励みになるんですけどね。

1学期の生物学では、Webページを開設して、質問、文句、抗議を受け付けるようにしたんだけど、受講生107名、10回の講義があって、掲示板に書かれたのは1件だけ。「リンク先が間違っています。まだアップロードされていません」だけ。100名近くいて10回講義があって、見に来た学生は述べ100名程度。とほほ。そんなもんか。