「雑感」カテゴリーアーカイブ

一応県庁がある都市なんだけど

ある地方の県庁が所在する市なんだけど、そこの不動産屋さんと司法書士事務所さんと連絡する必要が出てきたのだ。
不動産屋さんのほうは2年くらい前に訪問したのだ。そこの職員の名刺をもらったので、その名刺にあるメールアドレスにメールしたんだけど、応答がない。電話したらメールを通常業務でみることがないらしい。おったまげて、これからはメールで連絡するから見てちょうだいと依頼した。返事のメールが来るようになったはいいけど、署名がないんだよね。会社名と氏名がメールの件名にあるんだよね。業務のメールなんだから会社名、住所、電話番号のある署名がほしいよね。

この不動産屋から紹介された司法書士事務所とは2年位前はメールで連絡がとれたんだけど、今日別件でメールしたら、<User unknown>で返ってきた。DNS は大手なんだから受け取り側の設定がなんかおかしいのでは?
しょうがないから電話したら、メールが使えないことがわかっていて、直す気がないらしい。郵送かFAX でくれだって。

自宅からFAXなんかこの2,3年使ったことがないから、どうやって送信するのがわからない。受信はときどき勝手なダイレクトメールが来て困るので紙を用意していないのね。FAXが届いていると表示があるけどキャンセルしちゃうのさ。リボンで印刷するタイプだからね。リボンというかカーボンのシートがなくなっちゃうからね。パソコンでマニュアルを探し(紙のマニュアルがどっかにあるはずだけどパソコンで調べたほうが早い)送信する方法(紙を差し込む場所がわからなかった)を調べて無事送信。電話で受け取った?と連絡しちゃったよ。もしFAXで返信されたら困るので紙を用意しておいた。
 
田舎では業務にメールを使わないようだ。

むかし、論文投稿でeditorとのやり取りがFAXが主だったことを思い出したよ。パソコンでFAXの送受信することもやったよ。editorとのやり取りは国際電話になるわけで、その電話料がすごいので、大学では問題になったのだ。届出制になってKDDから料金を聞くこととなり、研究費から電話代を支払うことになったんだけど、そのうち、その事務量が増えすぎて、届けるけど、結局事務は処理しないということになってうやむや。そのうちメールが当たり前になってこの制度はなくなった。だからFAXでやり取りするなんて一時代昔になったようだ。

こあと、司法書士事務所さんと電話でやりとりしたんだけど、メールは敢えて使わないようにしているらしい。クライアントがメールしたのに、事務所の方はそんなに頻繁にメールを見ていないので返事が遅れる、予約ができない、等々でクライアントから文句がくるので止めたんだそうな。そんなばかな。そりゃサーバにアクセスするのは数分毎だし、メールを見る秘書が席を外している場合だってある。送信者は電話じゃないのはわかっているさ。すぐに返事が出せない内容があるわけで、ともかく受け取った旨の返事をしていれば文句もこないだろうに。

メールはCCができるからいいのだ、言った言わないのトラブルが防げるといったら、当事者同士の情報交換にCcで事務所がまきこまれたくないからいやなそうな。メールがだめならLINEだな。これだったら見たかどうかわかるからな。しかし、業務でLINEは使いたくないよね。業務でも仲間内だけだったらいいかもしれないけどね。

お花見

今年は桜の開花が早く、今週末は満開を過ぎて散り始まるのではないかと思えます。3月なのに夏日(25℃以上)になるかという、日当たりに置いた車を始動するとクーラーが働くという温かい日でした。

週末に花見に行くと、駐車場はない、人ばかりというのは目に見えています。有給休暇を取ったので、平日にお花見に。優雅ですな。ホントはビール片手と行きたいのですが、運転するのでそっちは夜に。


反町の森公園です。駐車場が10台分くらいしかなく、路上駐車が目立ちます。それでも広いので、写真のように混んでませんでした。家族連れには最適です。もう一箇所の福岡堰さくら公園にも行ったのですが、こちらは平日だというのに多くの人がいて、屋台まで出ていました。ぼんぼりもぶら下がって、夜、大人に最適ですな。こちらは車で行くしかない場所なので、飲めない奴を運転手として確保して行くことになります。しかし、この週末は悲劇になるでしょう。朝一番に駐車の場所を確保しないと…渋滞もひどいでしょうね。

どちらも桜は満開できれいでしたよ。

不思議な国のアリスのイモムシ

不思議な国のアリスのイモムシはoTakeさんから紹介があったけど、刺繍で作った方がいた。

イモムシがタバコを、しかも水タバコをふかしているので不思議な国のアリスのイモムシなんだろうね。

蛾の模型を刺繍で作成している方らしい。こんな刺繍が服についてたら、思わず手をだすよね。「蛾売りおじさん」と名乗っているから男性なんだろね。

確定申告

確定申告の時期ですな。

還付なんかあったことがないから、いやで、いやでしょうがない。医療控除もないし、生命保険等の控除は年末調整で申告しているし…控除対象がないからな。

んで、e-Tax の手続きで、なんちゃら番号を更新したというか、有効期限が切れた?のか通らないので新規で作成したら、登録メアドの確認で、メールが送られてきた。メールにあるURLをクリックしたら;

だって。
Macで受けてFirefoxで見たのだがアンチウイルスソフトのせいか通らない。

んで、めげちゃって、小休止というか大休止かな。

大休止のあと、入力した結果、さらに持っていかれることになった。毎年のことなんだけど、ワタシ的には十分収めているつもりなんで、勘弁してちょうだいなんですよ。

人徳がない

前回は、ネットでは”あのコメントの主は管理人だ”とするような誤解を招いており、その原因は管理人に人徳がないとの反省の記事でした。

現実世界でも、昨日はまたもや女子会だったのですが、その集まった女子の方々は拙宅に飾ったひな祭りの人形を見て;

「なによこれ、なんであるの?」との疑問を口々に呈しました。

そうですね、管理人のような品のない、行儀の悪い、人徳に程ど遠い者が持っているはずがない、飾るわけがないというのが皆様の評価ですからね。

認識を改めるには、どうしたらいいのでしょうかね。

ATMから送金

銀行に振り込む必要があり、ATMから送金しようとしたら送金できない。何回やってもだめなので、備え付けの電話でどうして?と聞いたのだ。その受付の方からの操作命令を聞きつつ、実施したけどだめ。口座残金照会は通るので、口座に残金がないとか、カードが壊れちゃたとかではない。

銀行の窓口で再度調査してください というので、銀行に行って事情を話したら、ATMに入力する電話番号が、固定電話番号だと、ハイフンが2つ入るが、携帯だと 080-xxxx1234 とハイフンは1ケだけなんだそうな。080 xxxx 1234 とおぼえているので、同じように2ヶ所にハイフンをいれたから通らなかったのだ。

ハイフンを入れたか?と電話の相手は言うので いれた と答えたのだ。もう少し、丁寧に教えてくれよ。

だめだったという場合にカードの返却とメッセージの書いた紙がでてくる。そのメッセージにエラー番号が出るらしく、電話の相手はその番号を教えろというのだが、番号がない。

固定電話では、市外局番ー市内局番ー加入者番号 なんでハイフンが2回入るのに意味がある。携帯は070、080、 090のあと8桁(合計11桁)の番号になる。最初の070、080、 090は携帯であることを意味している(らしい)ので、あとの8桁の頭の3桁は通信会社固有の番号だったのだが、今は会社を変えても番号を変えないから意味がない。8桁の何処を区切るのかの公式表記方法はない。総務省のページでは、海外から電話する時の例として

アメリカから日本の090番号にかける場合:011-81-90-XXXX-XXXX

とある。ハイフン2ヶ所だ。

iPhone の連絡先表示は 080 xxxx 1234 となっていてハイフンがそもそもない。電話機のほうではハイフンを入れることがないからハイフン無しでこまることはない。

世の中では 3桁ー4桁ー4桁 と 3桁−3桁ー5桁の2種類の表記があるようだが、ハイフンを入力しないので、どちらが正式というものではないようだ。固定電話の加入者番号が4桁なので、これにならって、 3桁ー4桁ー4桁 が幅をきかせているようだ。

そんなのは知らないから、ハイフンをはさんで入力しろといわれると 3桁ー4桁ー4桁と2回ハイフンを入れちゃうわけね。そんでATM
は通らないことになる。掲示があったかな?なんか振込詐欺の注意ばかりあって、掲示文書が一杯あるので、読む気もしないもんね。マニュアルを読まないジジイの悪習だな。それでもって、このような文句を言う:「電話番号入力のエラー」位のメッセージがあったっていいじゃん。それがあったら、受付のお姉ちゃんと有効な会話ができたのに。

田舎モンが都会に行く

学会でもなく単身で都会のホテルに泊まることになった。誰もつるむ者がいないという状況だ。

一泊だけビジネスホテルに仕事で泊まるわけだが、連れ合いがいるわけではないので、夕食は一人寂しく食べることになる。学会とかだったらワイワイ飲み屋で騒ぐことになるのだが今回はそういうわけにいかない。

田舎者だから、寿司屋といったら回転寿司か本格的な古典的寿司屋しか知らない。ホテルに到着し、さって、夕食はどうするかな、へたするとコンビニ弁当かな、バーガーキングなんていやだな、いや都会だからなにかあるにちがいないとうろつくと、寿司屋があった。古典的寿司屋(きっと高くつく)でもなく回転寿司(そこそこの価格だけど一人で入る気はしない)でもない会計明朗な、吉野家みたいな寿司屋だ。吉野家だったら一人で入る店だから、入ってみた。

熱燗2合、限りなく薄く切った刺し身盛り合わせ、天ぷら盛り合わせ、6貫の握りで3千円。

一応、カウンターがあって、一人なので座って、握っている職人さんとちょっと会話。そこそこの受け答えをしてもらった。

客は、管理人と同じような一人だけのジジイが、カウンターのあっちに二人。

大学院学生風おにいちゃん。なんで寿司を食いながらスマホだよ。管理人は同じ年頃ではインスタントラーメンをすすりながら実験していたけどな。寿司かよ。

30歳位のカップル。マスク外さないと食えないのはわかるけど、マスクを顎の下にずらして食うなよな。はずせよな。

50歳台のカップル。なんだよ、もうすこし高級な寿司屋にいったら?

子連れの30台夫婦。一番、金がない時期なのに…と思うのはジジイだからか。

レジのおねいちゃん。ブスなのは、本人のせいではないことがほとんどだからいいんだけど、愛想よく笑えよ。笑ったらモテるよ。

なんて、勝手に思いつつ、ホテルに戻ったわけです。明日の朝は早いんだよな。ぶつぶつ….

朝、ホテルの食堂で朝食をとっていたら、地下足袋、ダボダボのニッカボッカを履いた建設作業員らしき方が、グッチのロゴのシャツを着て食事されていました。

やっぱり、都会には色んな人がいますなぁ。田舎モンだからめずらしくてね。地下鉄の車内広告なんかめったに見ることがないから、80平米くらいの3LDKマンションをパーティションで分けて1Kの部屋を作って、こいつを賃貸ししてマンションのローン返済に当てるなんていう広告を見て、都会の方はいろいろなことを考えているんだなぁと改めて感心しました。

ババア自らがこういうこと言うから…

蓋をして絶縁したいのだが、覗きに行ってしまうのだ。そしたら;

女性には秀才と言えど、頭に巨大回路などもともと存在しない。本気になった男性には勝負にならないのが女性の現実だと思う。

だって。
こういうことを、高学歴である女性自身が言うから、いつまでたっても男尊女卑の社会が改変されない。

医師としてひどい事を言う方だが、人間としてもおかしい。体内時計さんもアホかいなさんも頑張るのはいいのだが、あれほどぼろくそに叩かれても、なんとも思っていないようで、人の意見を曲解するのが普通で、人の質問には明後日の方向の答えしかしないし、無駄なような気がします。

ダニ

白亜紀の毛のある恐竜にたかっていたダニだそうです。

左は血を吸っていないオスで右のが満タンなメスだそうです。

Enrique Peñalver, Antonio Arillo, Xavier Delclòs, David Peris, David A. Grimaldi, Scott R. Anderson, Paul C. Nascimbene & Ricardo Pérez-de la Fuente、Pparasitised feathered dinosaurs as revealed by Cretaceous amber assemblages, Nature Communications 8, 12 December 2017 から。

なにが言いたくて転載しているのか?と言われるでしょうけど、誰かを吸血ダニと皮肉るというわけではなく、琥珀に埋もれた標本から、ここまできれいな想像図ができるのはすごいねというだけですよ。

ジュラシック・パークは蚊の吸った血液だったけど、こっちの方が量が多そうでいいのかもね。

本日の忘れ物

コピー室にリスクマネジメントの試験問題の原稿が置き忘れられていた。コピー室を管理している秘書室に「試験問題だからやばいんじゃねーの、保管してちょうだい」と持って行ったら、秘書の方々がタイトルを見て大笑いしていました。

いろいろ忘れ去られているんだよね。学内試験問題原稿なんて可愛いもんで、裁判所に提出する個人情報満載の鑑定書類とか、患者さんの個人情報一覧とか、講演の謝礼がこれじゃ少なすぎる、もっとよこせとかいう手紙の原文とか….

コピーという目的が達せられると忘れちゃうんだよね。