「サイト管理」カテゴリーアーカイブ

ip address と MAC address の対応

Mac で自分のネット内のネットワーク機器のip address と MAC address の対応を調べる。
Apple Store から X code をインストールしておく。

ターミナルで ip neigh というコマンドを使うわけだが、Mac にはインストールされていない。

Homebrew をインストールしておく。他のアプリのインストールにも使うから

$ ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)” < /dev/null 2> /dev/null
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew
==> The following new directories will be created:
/usr/local/bin
/usr/local/etc
/usr/local/include
/usr/local/lib
/usr/local/sbin
/usr/local/share
/usr/local/var
/usr/local/opt
/usr/local/share/zsh
/usr/local/share/zsh/site-functions
/usr/local/var/homebrew
/usr/local/var/homebrew/linked
/usr/local/Cellar
/usr/local/Caskroom
/usr/local/Homebrew
/usr/local/Frameworks
==> The Xcode Command Line Tools will be installed.
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
Password:
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod 755 /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown terui /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/lib /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /Users/terui/Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /Users/terui/Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown terui /Users/terui/Library/Caches/Homebrew
==> Searching online for the Command Line Tools
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/touch /tmp/.com.apple.dt.CommandLineTools.installondemand.in-progress
==> Installing Command Line Tools for Xcode-11.0
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/softwareupdate -i Command\ Line\ Tools\ for\ Xcode-11.0
Software Update Tool

Downloading Command Line Tools for Xcode
Downloaded Command Line Tools for Xcode
Installing Command Line Tools for Xcode
Done with Command Line Tools for Xcode
Done.
==> /usr/bin/sudo /bin/rm -f /tmp/.com.apple.dt.CommandLineTools.installondemand.in-progress
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/xcode-select –switch /Library/Developer/CommandLineTools
==> Downloading and installing Homebrew…
HEAD is now at 3944416c4 Merge pull request #6666 from tanchihpin0517/master
==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
https://github.com/Homebrew/brew#donations
==> Tapping homebrew/core
Tapped 2 commands and 4861 formulae (5,118 files, 12.9MB).
Already up-to-date.
==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate formulae and cask analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
https://docs.brew.sh/Analytics

==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
https://github.com/Homebrew/brew#donations
==> Next steps:
– Run brew help to get started
– Further documentation:
https://docs.brew.sh

あるいは

$ /usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

インストールできたかどうかの確認は

$ brew doctor
Your system is ready to brew.
$

次に
brew tap brona/iproute2mac
brew install iproute2mac
を実行する。

$ brew tap brona/iproute2mac
Updating Homebrew…
==> Auto-updated Homebrew!
Updated 1 tap (homebrew/core).
==> Updated Formulae
minikube

==> Tapping brona/iproute2mac
Cloning into ‘/usr/local/Homebrew/Library/Taps/brona/homebrew-iproute2mac’…
remote: Enumerating objects: 4, done.
remote: Counting objects: 100% (4/4), done.
remote: Compressing objects: 100% (4/4), done.
remote: Total 4 (delta 0), reused 3 (delta 0), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (4/4), done.
Tapped (29 files, 24.6KB).
Teru-PBP:~ terui$ brew install iproute2mac
==> Downloading https://github.com/brona/iproute2mac/releases/download/v1.2.3/ip
==> Downloading from https://github-production-release-asset-2e65be.s3.amazonaws
######################################################################## 100.0%
🍺 /usr/local/Cellar/iproute2mac/1.2.3: 6 files, 22.5KB, built in 4 seconds

$ brew install iproute2mac
==> Downloading https://github.com/brona/iproute2mac/releases/download/v1.2.3/ip
==> Downloading from https://github-production-release-asset-2e65be.s3.amazonaws
######################################################################## 100.0%
🍺 /usr/local/Cellar/iproute2mac/1.2.3: 6 files, 22.5KB, built in 4 seconds

ip と入力するとインストールできたことが確認される

$ ip
Usage: ip [ OPTIONS ] OBJECT { COMMAND | help }
ip -V
where OBJECT := { link | addr | route | neigh }
OPTIONS := { -4 | -6 }

iproute2mac
Homepage: https://github.com/brona/iproute2mac
This is CLI wrapper for basic network utilities on Mac OS X inspired with iproute2 on Linux systems.
Provided functionality is limited and command output is not fully compatible with iproute2.
For advanced usage use netstat, ifconfig, ndp, arp, route and networksetup directly.

ip neigh と入力すると、ip address と MAC address の対応がわかる

$ ip neigh
fe80::1 dev lo0 lladdr (incomplete) REACHABLE
fe80::aede:48ff:fe00:1122 dev en5 lladdr ac:de:48:0:11:22 REACHABLE
略(ここにあるのは調査しているMacのネットワークインターフェースである。有線とかWiFiなど複数ある)
fe80::4392:a43b:2b69:78cf dev utun3 lladdr (incomplete) REACHABLE
169.254.139.233 dev en0 lladdr c:54:a5:55:e2:57 REACHABLE
169.254.252.102 dev en0 lladdr 0:16:eb:1b:8a:96 REACHABLE
192.168.xxx.1 dev en0 lladdr 0:a0:de:65:3f:b7 REACHABLE
192.168.xxx.2 dev en0 lladdr 3c:7:54:7d:ea:cc REACHABLE
192.168.xxx.102 dev en0 lladdr 54:33:cb:9:3e:6 REACHABLE
192.168.xxx.106 dev en0 lladdr c:51:1:80:8c:c6 REACHABLE
192.168.xxx.107 dev en0 lladdr 10:9a:dd:5b:4d:ed REACHABLE
略 (DHCP で配布しているのは192.168.xxx.101~192.168.xxx.200の範囲だ)
192.168.xxx.190 dev en0 lladdr c:54:a5:55:e2:57 REACHABLE
224.0.0.251 dev en0 lladdr 1:0:5e:0:0:fb REACHABLE

192.168.xxx.1 ~ 192.168.xxx.190 がルータの下に接続しているネトワーク機器だ。
MACアドレス検索でネットワーク機器のベンダーがわかる。
出力の 最初が 0 だと表示されていないから0を加えて検索する。
c:54:a5:55:e2:57 は 0c:54:a5:55:e2:57 のことだ。
3c:7:54:7d:ea:cc は 3c:07:54:7d:ea:cc のことだ。
最初の3デジット(aa:bb:cc)がメーカを示す。

ルーティングテーブルを読むということらしいけど、自分が持っているルーティングテーブルだから接続したことのない相手はリストされないということ??

Catalina 隠されてしまったアプリ

Catalina から?隠されてしまった、昔はユーティリティー フォルダにあったアプリは
/system/library/coreservices/applications
にあります。
About This Mac.app
Archive Utility.app
DVD Player.app
Directory Utility.app
Feedback Assistant.app
Folder Actions Setup.app
Network Utility.app
Screen Sharing.app
Storage Management.app
Ticket Viewer.app
Wireless Diagnostics.app

YAMAHAルータのsyslogを書き出す

YAMAHAルータ(RTX1200とか)のsyslogは、本体に1000行位しか保存できないので、過去のログはなくなっちゃう。そのため別の固定ipaddressを割り当てた外部のホスト(パソコンなりサーバ)に保存するのがいい。
GUIでは運用サポート機能の保守に「SYSLOGの管理」があるからここで設定する。
ホストは最大4つ登録でき、そのip address をスペースで区切ればいい。2つ登録した。DEBUGとNOTICEを記録することにした。

configファイルを見ると
syslog host xxx.xxx.xxx.xxx yyy.yyy.yyy.yyy
syslog notice on
syslog info off
syslog debug on
と書かれてあるのがわかる。

configファイルには
nat descriptor log on も書いておく。こっちはGUIで書き込めないからConfigファイルにエディタで書き込む。
syslog facility local[数字]
も書くこというのがネットではよくあるけど、この行を書かないとレベルを示す[数字]の部分は 1 となるので書かなくてもいい。この数字はsyslogのファシリティと言ってログメッセージの種類を示す。1 はuser-level messagesだそうです。

受け取るホスト Mac の場合の設定

suになって操作します。

$ cd /etc でetcに行って
/etc/syslog.conf を書き換える。

/etc/syslog.conf は644だから777に権限を変えて

# for RTX1200 Syslog
local1.* /var/log/rtx1200

の2行をエディタで加筆して644に戻す。

/etc に rtx1200 と言うファイルを作っておく
$ vi rtx1200
>:wq
オーナーは admin 、権限は644になるはず。

/System/Library/LaunchDaemons/com.apple.syslogd.plist のコピーをエラーになったときに備えて作っておく

$ cd /System/Library/LaunchDaemons
で移動して
$ cp com.apple.syslogd.plist com.apple.syslogd.plist20191025
とコピーを作っておく。これを改変するからコピーを別の場所、デスクトップに作ってこれを改変することにする。~はユーザ名ね。
$ cp com.apple.syslogd.plist /Users/~/Desktop/com.apple.syslogd.plist

$ cd /Users/~/Desktop
とデスクトップに移動する。
権限が644 だから777にしておき、バイナリーファイルだからテキストに変換して加筆する。

$ plutil -convert xml1 com.apple.syslogd.plist
vi で書き換えてもいいけどエディタの方が楽でしょ。

を最後の方(一番最後じゃない、適当な場所、<dict>〜</dict>が一塊だから、わかるでしょ)に加筆する。

加筆したcom.apple.syslogd.plist。

文法に誤りがないかをチェックする

$ plutil -lint com.apple.syslogd.plist

文字列をコピペしたとき、空白部分に何か文字が入っちゃうことがあるから、文の頭、と尻に見えないけど何かあるとエラーになる。

/System/Library/LaunchDaemons/com.apple.syslogd.plist: OK
だったら、これをバイナリに戻す。

$ putil -convert bunary1 com.apple.syslogd.plist

こいつを本来の場所のやつに上書きする

$ cp com.apple.syslogd.plist /System/Library/LaunchDaemon/com.apple.syslogd.plist

オーナーがadmin、権限が644なのを確認する。

停止させて再読込みさせる
$ launchctl unload /System/Library/LaunchDaemon/com.apple.syslogd.plist
$ launchctl load /System/Library/LaunchDaemon/com.apple.syslogd.plist

これで、/var/log にrtx1200のsyslogが飛んできて保存されるはず。

ところが、ならない。

RTX1200の設定GUIのページにログインして 管理者のページの  保守 の 設定の管理

の コマンドの入力 の 実行ボタン をクリックし、

出てきたウインドウに
syslog host [送付先のMacのip address]
を入力し、実行 ボタンをクリックする。

続けて実行 ボタンをクリックすると、またコマンド入力ウインドウになるから
syslog facility local1
と入力し、実行 ボタンをクリックする。

ターミナルでMac にログインして
$ cat /var/log/rtx1200
とすれば、ログが記録されているのわかる。Macでは ユーティリティー の コンソール.app を起動すると、左のコラムに rtx1200 があるからこれを見れば、RTx1200 のログが記録されているのがわかる。

RTX1200 を起動するたびに(そんなことはほとんどないけど)このコマンドを実行しないといけないのだろうか?
syslog は一定の期間毎に圧縮ファイルとして保存したい。loglotate を設定する必要があるようだ。ないとどのくらいファイルがでかくなるんだろね。
ど素人なもので、まだわからないことがいっぱい。

mac の場合 loglotate ではなく newsyslog で行うらしい。そこで /etc/newsyslog.conf を見ると

となっていた。こいつのバックアップを保存しておいて、最後に1行加筆した

このnewsyslog.conf の意味はここにある。

ログは「/var/log/」に蓄積される。

このログファイルという物は、そのままにしておけば溜まる一方でディスク容量を圧迫する。
これを回避する為にログローテーション(一定時間毎、ファイルの大きさが一定になったら、圧縮し別ファイルにする)という手段を行う。

newsyslog は、指定したファイルを特定のタイミング(時間)または指定した容量を超えたときにログを切り詰めて指定した圧縮形式で、指定した数までバックアップを残す。

まずは現在の newsyslog の設定ファイルである newsyslog.conf を確認すると;

$cat /etc/newsyslog.conf

次のような情報がでてくる。

# logfilename [owner:group] mode count size when flags [/pid_file] [sig_num]
/var/log/appfirewall.log    640  5   1000  *   J
/var/log/system.log      640  7    *  @T00  J
/var/log/wtmp        644  3    *  @01T05 B

このとき表示されているのは左から

logfilename:ログローテーションする対象のファイル

[owner:group]:所有者とグループ

mode:アクセス権
640なら-rw-r—–

count:バックアップ最大数
0からのスタートなので実質6個

size:切り出し開始サイズ
1000なら1000kbの意味で、ログファイルが1000kbを超えたらローテーションが開始される

when:切り出し開始時間
*ならサイズに合わせる。

@から始まる物は

@[[[[[cc]yy]mm]dd][T[hh[mm[ss]]]]] (制限付きISO8601形式)

cc 西暦上2桁
yy 西暦下2桁
mm 月
dd 日
hh 時
mm 分
ss 秒
@T00なら 毎日0時に処理を行ない、@01T05 なら、毎月1日の5時、@1001T0510 なら毎年10月1日5時10分に処理を行なう

$ から始まる物は

$[Dhh],$[Ww[Dhh]],$[Mdd[Dhh]]

D 毎日
W 毎週
M 毎月
hh 時間(0〜23)
w 曜日(0:日曜日〜6:土曜日)
dd 日(1〜31)
L 月の最後の日
$M1D0 なら毎月1日の0時、$W0D0 なら毎週日曜0時

数字だけの物
時間指定
168 なら168時間で1週間、332 で2週間

flags:圧縮タイプ
Zはgz圧縮、Jはbz圧縮、Bは無圧縮

[/pid_file]:該当するデーモンのpidファイル
httpdなら /var/run/httpd.pid

[sig_num]:該当するデーモンのシグナル番号

「/var/log/apache2/」の中の「access.log」を1000kb以上溜まったらローテーションし、最大10個までgz圧縮残しておきたいたいという場合は次のような記述になる。

/var/log/apache2/access.log   640 9  1000 * Z /var/run/httpd.pid 30

設定を保存したら root権限で newsyslog コマンドを実行する。

# newsyslog restart

ということの様です。

ところが、OS 10.9から、system.logのローテーション制御が/etc/newsyslog.confから/etc/asl.conf(system.logへの書き込みを行うAppleシステムログ機能の構成)に移動したとのことで、この設定ファイルを見ると

となっていて、どのように加筆したらいいのかわからん。マニュアルはhttp://www.manpagez.com/man/5/asl.conf/にあるが、読んでられないので、ここまで。飛ばす先の中古macは10.8だったから必要なかった。
rtx1200が5MB超えたらどうなるか見てみる。

翌日見たら

-rw-r—– 1 root admin 1245176 10 31 07:58 rtx1200
-rw-r—– 1 root admin 315990 10 30 18:30 rtx1200.0.bz2

となっていたから、ローテーションできている。しかし、このペースだと1日5MB のデータになっちゃって10ケのバックアップだと10日分くらいしかない。count を30 としておく。5MBが圧縮で320kBになるから30ケになっても10 MBだからHDを圧迫することはない
/etc/newsyslog.conf の最後の行は;

ですね

ヤマハルーター(RTXシリーズ)のログをMacに送る

【RTX810】OSX10.10 YosemiteでSyslogを外部から取得する【ヤマハ】
を参考にしました。

Mac PowerBook Pro 更新 その5

Mac PowerBook Pro 更新 そのx というのは新規購入したPowerBook Pro のことね。

新規に購入した時がmac OSがMojave だったので、その1〜その4まではMojaveで実施し、昨日、Catalinaにアップデートした。新規なのでそもそも32ビットアプリは入れてないのでスムーズにアップデートできたようだ。

CarbonCopyCloner(CCC) と Time Machine でバックアップを新規に作成している。バックアップ先は4Tの外付けHDDを2Tずつのパーティションを切って使っているのだが、物理的に同じHDDを使うというのはよろしくないかもしれない。

MacのHDはシステムなどの書き換えられては困る部分とデータ部分が、みため別パーティションになっている。これをCCCでバックアップするのがよくわからない。当初Macindosh HD のみバックアップ元に指定したらUsers/の部分がバックアップ先に見えなかったのでMacindosh HD-dataをCCCーデータ(この外付けHDがどうやってきたのかわからなくなってきた)にコピーする設定にしてみた。CCCとCCCーデータとは同じものなのだが別HDとしてデスクトップにある。CCCでクローンを作成した結果、両方とも同じフォルダがあって、中身が同一だ。定期的バックアップは Macintosh HDのバックアップを CCC に作るとした設定だけだ。いまいち、わかってないのだ。

OKIのプリンター C810dn は、システム環境設定→プリンタとスキャナ から、まず該当のOKI-C810プリンタを削除してからmacOS 10.14 のドライバをダウンロード・インストールしプリンタードライバーアップデーター (Hiper-C)をダウンロード・インストールする。
システム環境設定→プリンタとスキャナでプリンタを追加する。


金木犀(クリックすると香ります

AdobeCC と macOS Catalina

macOS Catalinaが公開されたので、MacPowerBook Pro (Retina 13-inch Early 2015)のSSDドライブをまっさらにして、Catalina をインストールし、Adobe CC をインストールしようとしたら、Adobe CC自体は64ビットで動くのに、インストーラが32ビットで動かなかった。

とほほ…

解決策はここにあるようだが、面倒なので、Mojave にダウン・インストールし、Adobe CCをインストールしてからCatalinaにバージョンアップすることにする。

とりあえずAdobe CC を Mojave でインストールし Catalina にアップした。動くことは動いているが、どんなトラブルがあるかわからない。

CatalinaコンパチブルのAdobe CC のリストがある。細かいところではトラブルがあるかもしれないが、一応大丈夫なようだ。

Office2011はだめらしい。

Office2019をインストールした。ESET Seculity Proをインストールした。Thunderbird をインストールした。


cosmos

Mac OS Catalina をインストールできる起動可能なSDカードを作成する

Mojaveの起動可能なインストーラSDカードの作成方法と同じである。

必要なもの
1)インストールできるMac(ダウンロードするとき拒否されないくらいのバージョンのMac)
2)そのMacに管理者権限をもったユーザでログインしていること
3))ルートユーザになれるようになっていること
4)16GB以上のSDカード あるいは USBメモリー。 インストールした結果のインストーラーとその他は8.2 GBである。

インストールするSDカードはディスクユーティリティで Mac OS拡張(ジャーナリング)で名前を(なんでもいいけど、ここでは)UNTITLEDとしてフォーマットする。
ターミナルで見るとこのSDカードは
/Volumes/UNTITLED
となっている。

macOS Catalinaインストール.app をダウンロードする。

アプリケーションフォルダにインストーラがダウンロードされると自動的にインストーラが起動する。

しかし先に進まずにとりあえずインストーラを終了する。そうしないとインストールが終了するとインストーラは消去されてしまうからである。

インストーラはFinder では macOS Catalinaインストール.app だがターミナルで見ると
/Applications/Install macOS Catalina.app
である。

がインストーラ作成コマンドである。以下の赤字部分を入力するpsswordは入力してしても表示されない。

Mac:~ hoge$ sudo /Applications/Install\ macOS\ “Catalina.app”/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/UNTITLED
Password:hogehoge
Ready to start.
To continue we need to erase the volume at /Volumes/UNTITLED.
If you wish to continue type (Y) then press return: Y
Erasing disk: 0%… 10%… 20%… 30%… 100%
Copying to disk: 0%… 10%… 20%… 30%… 40%… 50%… 60%… 70%… 80%… 90%… 100%
Making disk bootable…
Copying boot files…
Install media now available at “/Volumes/Install macOS Catalina”
Mac:~ hoge$

SDカードの名前は UNTITLED が Inatall macOC Catalina と自動的になっている。

このカードを使うには、起動時に option キーを押し続けると、起動可能なメデイアがでてくるから矢印キーでこのカードを選んで起動すればいい。

Mac PowerBook Pro 更新 その4

PoweBook Pro を更新し、アプリも更新しているのだが、アプリはバージョンを上げるのが有料だったら、特に困ることがないから上げることはなかったわけだ。MS Office も2013年頃のをそのまま使っていたわけで、今回、2019年版に変更したから、戸惑うことが多い。

Wordを使っていてMagic Mouse 2 を人差し指で軽くタップしちゃうと、ズームされて元に戻せない。他のアプリでは起こらない。困ったわけだ。コントロールキーを押しながら、マウスをスクロールする動作ーマウス背面を指を前後にこするーで拡大・縮小できることがわかった。この場合は、アクティブなウインドウの中だけが拡大・縮小する。
システム環境設定ーアクセシビリティーズーム機能 で スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム にチェックを入れると

同じ動作ーコントロールキー(別のキーに変えることも可能)を押しながら、スクロールジェスチャをすると、画面全部が拡大・縮小する。こういうことはきっとあまりないだろうから、チェックはつけないことにする。

Word だとマウス背面を2回タップすると拡大するが元に戻すにはcontrol キーを押しながら、マウス背面置いた指を前後に動かして(control キーを押しながらスクロール動作)拡大縮小する。
Excel はマウス背面を2回タップしても何も生じない。ontrol キーを押しながらスクロール動作で拡大縮小する。マウス背面を2回タップしても元に戻らない。
Powerpoint はマウス背面を2回タップしても何も生じない。control キーを押しながらスクロール動作で拡大縮小する。マウス背面を2回タップしても元に戻らない。
Firefox だと、マウス背面を2回タップしても何も生じないが、control キーを押しながらスクロール動作で拡大縮小する。拡大縮小した後、マウス背面を2回タップすると元の大きさに戻る。
Chrome だとマウス背面を2回タップすると、カーソルのある部分を中心に、拡大ー拡大が元に戻る を繰り返す。control キーを押しながらスクロール動作は普通のスクロール動作だけ。
AdobeCC (AcrobatPrpDC、Photoshop, Illustrator) はマウス背面を2回タップしても何も生じないし、control キーを押しながら、マウス背面置いた指を前後に動かしても拡大・縮小ではなく普通にスクロールするだけ。

というわけでアプリによって様々ですな。

PowerBook Pro ではなくiPhone のOSを13.1.2 にあげたらメールを一斉に開封済みにマークするのが良くなった。これまで、複数の、メールを開封済みにすると、その間、ハングアップしたかのように何もできなくなったのだが、今度はバックグラウンドで開封済のタグをつけてくれるので、他の操作ができる。終了するとアイコンについていた未読メールの数を示す赤いマークが消える。50通もあるとしばらく使えなくなるからね。

Mac PowerBook Pro 更新 その3

CarbonCopyCloner (以下、CCC)というバックアップアプリを愛用している。

バックアップなんだから、このアプリがディスクにフルアクセスできないと困る。そのため、システム環境設定 → セキュリティとプライバシー → プライバシー → フルディスクアクセス に登録する必要がある。CCCをインストールして実行すると、一部がコピーできないと言ってくる。そのためには/Library/PrivilegedHelperTool/com.bombich.ccchelper をこのフルディスクアクセスに登録しなさいと言ってきて、なにやら魚のアイコンを使って登録すると簡単だという案内が出てくる。しかし、これが使えないというか登録できない。

システム環境設定 → セキュリティとプライバシー → プライバシー → フルディスクアクセス には ESET Cyber Seculity Pro (ウイルス等のプロテクション・アプリ)が既にあるように見えるのだが、これを削除しても削除できない。再起動すると見えたり・見えなかったりなのだ。Mojave と ESETのbug という記事を書いていたのを思い出した。ESETのバージョン6.6にして回避していたのだが、いつの間にか、バージョンアップして6.7に上げていたのだ。
Canon の「ESET製品をインストール後、アクセシビリティ/フルディスクアクセスの登録内容が表示されなくなる」に解決策がある。v6.7をアンイストールし、V6.6をインストールし、製品番号を探し出してactivateし、無事、CCCのcom.bombich.ccchelperを登録した。

再度、クローン作成を行い、エラーがないことを確認した。

半年前にやったことを覚えていない。誰かの認知症を笑っていられないかも。しかし、このCanonの記事も半年以上前のままだ。Mac のOSが明日にもアップされるというのだが、今度はどうなるのだろうか?そのままバージョンアップして構わないのか?。

ちなみにこのCCCというバックアップソフトは、TimeMachieとかWinのバックアップ・アプリが圧縮して保存し、リストアするのがそのアプリでないとできないというのとは異なり、HDの中身そのままの形(フォルダとかファイル)のまま別HDに保存してくれるのだ。定期的に実行するようにしておけば、毎日1回と設定しているので、1日だけのロスで回復できる。つまり、今日誤って消したファイルを、昨日の時点のものにコピーして持ってくることができる。もっと古いものもHDの容量に引っかかってなくて、いつ作成したがが大体わかれば、探し出せる。しかもそのバックアップ用のHDを起動HDにすることができるので便利なのだ。だから気に入っている。

rootユーザを有効にして、ターミナルで su が使えるようにした。

Macの名前は3つもあるので設定した。ターミナルで以下を入力した。
sudo scutil –set ComputerName Hoge-PBP
sudo scutil –set LocalHostName Hoge-PBP
sudo scutil –set HostName Hoge-PBP.local

FC2ブログのコメント欄の表示

                   (下に追記があります)
学とみ子のブログのコメントを引用するのが大変だから、コメントにアンカー(#)タグを使ってURLで表示できるようにしろ、投稿年月日だけでなく日時もつけるとか、コメントに番号をつけるとかしろと当方は言っている。しかし、できることを示しておかないと引用元を明示しない習慣の学とみ子はせせら笑うだけでしょうから、ちと方法を探してみた。mjもんたに教えてあげなさいよと言ってもできないでしょうからね。
昼休みにちとやってみたのですが、コメントにアンカーをつける方法はよくわからないです。コメントに番号をつけることと投稿日時を表示するようにする、そしてコメント者のメールアドレスは無用だから、入力を要求しない、表示しないことに変更できることがわかったので以下に書く。

まず、使っているテンプレートはコピーして名前をつけ、こちらを改変する。そうでないと失敗した時元に戻れなくなるからね。

ブログの管理ページ→テンプレート(PC)→[ テンプレートの名前 ] のHTML編集 の文字のすぐ下にある テンプレート中に使える変数一覧を開き コメントエリア・トラックバックエリアの変数 ↓ をクリックすると

内に以下の変数を入れればいいと用意されている変数が書いてあります。
コメントのシリアル番号は、記事毎だと

全てのコメントのシリアル番号だったら

また、コメントの投稿”時”は

“分”は

とある。
だから(以下の xxx行目とあるのは simple_diary_white というテンプレートの場合だ);
[ テンプレートの名前 ] のHTML編集 にある(コピーの)htmlから

という部分を見つけ出し(363行目)、366行目に<%comment_title>というのがあるから、その前に <%comment_entry_serial_no>:
を挿入すると、例えばコメントのタイトル「学の嘘つき」の前に、その記事のコメントシリアル番号が、「45:学の嘘つき」のように挿入される。
また、近くの376行目に

というのがある。これだとコメント投稿日が 「2019/09/28」としか表示されないから、これを

とすると 「2019/09/28(13:35)」のように時刻まで表示できる。

学とみ子ブログがどのテンプレートを使っているのがわからないので、これ以上は教えられません。やってみてちょうだい。

それにしても学とみ子ブログはひどいもんで、コメントする方がメアドを入力しちゃうと、そのメアドが丸見えです。古い方の記事のコメントは違うようですが、最新の記事のコメントにある青字の「編集」をクリックするとコメンテータのメアドが丸見え。あのね は幸い入力していないけど、学とみ子は入力してあって、潰れた医院のWebページがあったレンタルサーバで使っているメアドそのままですな。まだ使えるのだろうか。

学とみ子ブログにコメントするときは、メアドを入力しないようにしないとね。FC2ブログはデフォルトでこういう設定なんだよね。

[ 追記 ] 2019.10.1 18時頃
ふむ、この記事の最初のバージョン(語句の訂正をする前)が16時頃だったのだが、学とみ子にあっては頻繁に当ブログにおいでになるので、この記事を読むやいなや、あわててコメントにあったメアドは消去しましたな。ということは、あのメアドは生きているんですな。コメンテータのメアドがバレちゃうなんて話は以前にちょっと書いたのですが、理解できていなかったようですな。

[ 追記 ] 2019.10.2さらに2019.10.3
学とみ子は simple_diary_white を使っているようだ。
これを改訂する。
FC2ブログの管理ページーテンプレートの設定 で;
simple_diary_white に赤旗が立っているから、右の 複製 をクリックする。
自動的に名前が simple_diary_white1 が出てくるから、この複製を 適用 して、改訂する。

[ simple_diary_white1 ] のHTML編集 の枠内を改訂する。

(<!– コメント一覧 –>)
376行目

のday> の後に 「(<%comment_hour>:<%comment_minute>) :」を加筆する。

コメントの最後にある 「 2019/09/30   URL   編集 」 が「 2019/09/30(10:05)   URL   編集 」と時、分も表示される。

(同じく<!– コメント一覧 –>)というコメントアウト行に挟まれた部分の366行目:
<%comment_title>
の前に
「 <%comment_entry_serial_no>: 」を加筆して

とする。
コメントのタイトルの前に その記事のコメントのシリアル番号: が表示される。
下の図は 学さん がコメントのタイトルで、その前に番号(この記事のコメント番号)があり、あのね がコメント者の名前である。

<!– コメント編集フォーム –> の部分の
194行目

と <!– と –> で挟んでコメントアウトすると コメント編集画面での「メールアドレス」という言葉とメアド記入欄がなくなる。

しかし、新規コメント投稿ページでは「メールアドレス」とその記入欄が残っているから

<!– コメント投稿フォーム –>の部分の
404行目

も同様に以下のようにコメントアウトしちゃう

これでコメント投稿ページでは「メールアドレス」の言葉と記入欄がなくなる。

いずれにしろ、このテンプレートはメアドが見えちゃうとか良くない部分があるので別のにした方がいいと思うけどね。

書き換えできないだろうから、mjもんたに聞いてみなさい。

Mac PowerBook Pro 更新 その2

Mac PowerBook Pro 更新 その1の続き

Thunderbird
メールソフトThunderbird は当然のことながら最新バージョン68.1.1 (64ビット)をインストールした。これまではv.60 だった。Thunderbird を引き継ぐのは、これまで何回もやってきたように、
1)新しいアプリをインストールし、起動し、何も設定せずQuitする。
以下、xxxxxxxxやyyyyyyyyはランダムな文字数字列で場合毎に異なる
2)/Users/~/Library/Thunderbird/Profiles にxxxxxxxx.default というフォルダがあるからこのフォルダ名をxxxxxxxxNew.default とかに変更する。
3)古いMacの同じdirectoryにyyyyyyyy.defaultというフォルダがあるから、これをUSBメモリ等を使い、コピーし新しいMacの方にペーストし、フォルダの名前をxxxxxxxx.defaultに書き換える。yyyyyyyy.defaulはこれまでのメールがあるので、場合によっては大きなフォルダになっているはずだからコピペに時間はかかる場合がある。xxxxxxxxNew.defaultを捨てる。
4)Thunderbirdを起動して確認。過去のメールが全て読めるはず。
ということなんだけど、3回繰り返しても、以前のメールや設定にならない。4回目にできた。何故だかわからん。フォルダ名に半角スペースとかが入っていたんだろうか?原因不明だけど、できるようになったから問題ないとして追求しなかった。

バージョンを上げたら、アドオン(Manually sort folders)が使えない。これ、頻繁にくるメールの保存フォルダは上の位置にしておくことができて便利なので、バージョンアップしてくれないかな。デフォルトだと仕訳したフォルダの名前順になってしまうからな。[ 追記 ] 2019.10.2 Manually sort foldersは自動的にバージョンアップされ68バージョンでも使えるようになった。なんだか、知らないうちにアップデートされていたぞ。

AdobeCC
CS5からのバージョンアップなんで、使い勝手がかなり変わっている。
Dreamweaver は文字列をエディタからコピペすると、これまでは改行のタグ<br>が自動的に入った形でペーストされるので、エディタで編集してからページに掲載するのが簡単だったんだけど、今度は、そもそもLiveというペインでの操作がやりにくく面倒だ。だからと言ってcodeペインで、今更、作文するのは嫌だしね。そのうち何か簡単な方法がわかるだろう。
CS5の時はOSのバージョンを上げていったら、サーバの設定が保存できなくなってしまったのだ。これが当然のことながら解消した。
Illustratorは、以前作成したファイルを開くと、文字が無いといってきて、背景にピンクの帯がついてきて、まだ解消できていない。イラレで使えるデフォルトで用意されているフォントに置換すれば問題ない。デフォルトにない、MS Pゴシック などのフォントをなんとかすればいいのはわかっているけど、まだやっていない。パワポでプレゼンするわけだが、パワポで図を作成するのは辛いので、イラレで作成し、そのままコピペすると、パワポでは崩れちゃたりするので、スクショを貼り付けることが多かったのだ。これからも多いと思う。だからイラレの文字にピンクの背景の帯があるのはまずいわけだ。ゴシック系のフォントとして、MS Pゴシックを使う義理も何も無いのだが、プレゼンをするパソコンとしてWindowsが用意されていることがほとんどで、WinのパワポではMacで作成したパワポがうまく再生できないことが、昔は当たり前だったので、その名残でWindowsのフォントを使ってきたわけなのだ。もうそんなことはないだろうから、ゴシック体、明朝体のフォントも好きなのが使えるはずと期待している。
文字入力ツールを選択し、文字入力をしようとすると「山路を登りながら」という文字列が勝手に出てくる。環境設定→テキスト→新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付け のチェックを外す。空白の文字がないようにするためらしいけど、最初は驚いた。2017年版かららしい。ちなみにこの文字列は夏目漱石の草枕に一節だそうな。
Photoshopは昔同様使えているけど、photoshopの機能をフルに使ってきたわけではないので、今のところ戸惑ってはいない。


昨年の今頃、出現したきのこの山は今年はショボショボだ。別の場所に出現したキノコの束なんだけど、名前はわからない。

ナラタケモドキか、学とみ子をオオワライタケしているのだろうか?

Mac PowerBook Pro 更新 その1

Mac PoweBook Proを購入したという記事の続き。

古いほうのPoweBook Proをターゲットモードにしてファイルをコピーしようと思ったが、古い方はThunderbolt2 で新しい方はThunderbolt3。これをつなげるケーブルがない。

ネットワーク経由で、古い方をサーバ(ファイル共有)にして新しい方からip addressを入力してSMBで接続して始めたのだが、書類フォルダ内のMicrosoftユーザーデータてのが6.6GBもあってなかなかペーストしてくれない。なんか異常に遅い。約8日なんて表示される。両方ともWiFi接続なんだけど、かなわないな。だいたいこのMicrosoftユーザーデータてのはなんだ?MicrosoftOfficeが勝手に作るらしいのだが、以前の情報を引き継ぐためには必要らしい。ネット経由は余りにも遅いので止めた。SDカード経由にした。それでもSDカードへのコピーが40分だと。SDカードから新しいPoweBook Proへのペーストは10分以下だ。

AdobeCC、Microsoft Office、mi、Chrome、Firefox、Switchhosts!、ESET、TinkerTool、Thunderbird、CarbonCopyCloner がよく使うからインストールした。

これがデフォルトでインストールされているアプリだ。

あとは、気がついたらその度にインストールだな。古いPowerBook proにある滅多に使わないアプリは多分バージョンが古いだろうから、使うときに新規にインストールの方がいい。

キーチェーンもゴミがいっぱいだから新しく登録していくことにする。

Printerの設定も楽チンになったもんだ。Bonjour でやれば、すぐ終了。ip address がどうのこうのとかいう昔の話はおさらばだ。

消費税があがるから…

消費税が上がるし、Mac のOSもバージョンが上がり64bitのプログラムしか動かなくなるというので、使っているMacBookProは Retina 13-inch Late 2013 なので、ちと早いかもしれないけど、新しいMacBook Pro を衝動買いしてしまった。

よく調べもしないで、2.8GHzクアッドコアIntel Core i7、16GB 2,133MHz LPDDR3、1TB を購入してしまった。

ポートが4つあるんだけど、すべてがThunderbolt3 なのだ。USB TypeA コネクタがないのに、Magic Mause2 は電池の充電にUSB TypeA のケーブルが付属している。マウスのケーブルの口は腹面にあるから、充電中は使えない。腹を上に向けてひっくり返ることになるから、ぶざまな格好になる。前のモデルのMagic Mouseと同じ格好にしたので、コネクタは、昔のタイプの電池の場所に付けざるを得ないわけだ。充電中はマウスが使えない。

仕事ではApple LED Cinema Display 27インチを使っている。このディスプレイからは、PowerBook Pro を充電するための電源コード(磁石のコネクタのやつ)、Thunderbolt2コネクタのあるモニターケーブル、USB TypeA のケーブルがあるわけだ。

(http://z3ugma.github.io/2019/03/22/connecting-an-apple-cinema-display-to-a-2017-macbook-with-thunderbolt-3/から)

しかし新しい PowerBook Pro はThunderbolt3だからこのApple LED Cinema Display 27インチを外部モニターとしてそのままでは使えない。なので、Thunderbolt3ーThunderbolt2変換ケーブルをAppleから買ったら、箱に Apple Cinema Displayには使えないと書いてある。とほほ。ちゃんとAppleのページににも書いてあるではないか。
Kimwood USB C to Mini Displayport 変換アダプタミニディスプレイポートDP4K USB3.1【Type C to Mini DP Adapter】(Thunderbolt3と互換性) 2017/2016 Macbook Pro 2017 iMac ChromeBook Pixel Galaxy S8/Note 8

てのを発注したけど使えるかな?一応レビューを読んで 27インチApple Cinema Displayで使えたとあるんだけど。[ 追記 ]2019/9/27 使えました。

[ 追記 ]  シネマディスプレイから電源を供給するためにはELECJET AnyWatt MS タイプ C アダプター USB C Magsafe1&2 交換アダプター 充電器 MacBook Pro/Air/他のすべてのUSB C デバイスと互換性あり ブラック

が必要である。電源アダプタを使わないのならこっちを購入することになる。購入してしまった。

USB TypeAコネクタの機器があるわけで、これと接続するためのアダプタが必要になるUSB C ハブ Macbook Pro対応type c usb ハブ Thunderbolt3、USB Type-C、USB3.0x2、SD/MicroSDカードリーダー、4KHDMIを追加するアルミニウムusb type c ハブ (シルバー)

を購入した。Thunderbolt3 のHDなど高いので、安いUSBのHDが使えないと困る。これは見てわかるようにケーブルでPowerBookに接続するのではない。また別の場所で、無線APがなく有線だけだとか、プレゼンするためのプロジェクタ接続が必要になる時があるので別途プレミアム USB-Cハブ 9-in-1 Type C ハブ(87WPD出力対応)【4K HDMI ポート/ USB 3.0ポート×3 / SD/microSDカードリーダーポート / LANポート1000Mbps / 3.5mm ヘッドフォンジャック / USB C Power Delivery

なんてのも購入するしてしまった。その後気がついたのだが、最近のプロジェクタはHDMI入力があるのだが、古い奴だとVGAしかない。だからHDMI-VGA変換アダプタ、あるいはThunderbolt3-VGAアダプタが必要だ。

USB C ハブ Type C ハブ – 1台9役【最新版】USB C 60W PD充電 HDMI 4K出力 VGA 1080P出力 LAN(1Gbs) 3.5mmミニジャック USB3.0ポート×2 SD TFカード対応 MacBook/MacBook Pro対応 (グレー)

の方が、HDMIもVGAもあるので良かったけどもう遅い。6千円と4千円の違いだが安い方はHDMI-VGA変換器が必要で、この変換器、HDMI to VGA変換アダプター HDMI オス to VGA メス 金メッキコネクタ搭載 高速 1080P対応 3.5mm 音声出力 USB供電 対応 オーディオケーブル + USBケーブル 付き モニター、プロジェクターPC、DVD、HDTV用

は千円位だから合計は安くなるけど部品数が多くなってしまう。

仕事場では付属の電源アダプタ 61W USB-C電源アダプタ

を置きっぱなしで使うことにし、持ち運びに用は小型の電源アダプタ RAVPower 61W USB-C 急速充電器(世界最小最軽量クラス/2019年9月時点)【GaN (窒化ガリウム)採用/折畳式/PD対応】iPhone 11/11 Pro/XR/8、GalaxyS10、MacBook Pro、iPad Proその他USB-C機器対応 RP-PC112(ホワイト)
Kaweno USB Type C ケーブル 1m USB-C & USB-C ケーブル【USB3.1 ケーブル Gen2 PD対応 100W/5A急速充電 】タイプC ケーブル ナイロン編み Nintendo Switch / 4k TV/MacBook/Xperia XZ/Galaxy S8 S9, Note 8 / iPad Pro、MacBook Pro/Matebook/Nexus 5X 他Type-C 機器対応(1M) を購入した。

が旅行で持参するのを忘れ、出先の電気屋でエレコム USB-Cケーブル C-C 1m USB3.1Gen2 認証品 PD対応 5A出力 ブラック USB3-CC5P10NBKを購入する羽目になってしまった。

多分、両端が USBーCtype のケーブルならどれでもいいのでは。

これらの電源アダプタを、従来の PowerBookのように電源コネクタを磁石付にして取り外しが楽になるようにするためにはUSB C to Macbook 磁気 アダプタ、Stouchi タイプC マグネット アダプタ type c to type c 4.3A・87W高速充電 防水防塵 -Macbook Pro、Huawei 、Xperia 、iPad Pro 2018、HTC などのUSB Cデバイスに対応 (銀)

てのが必要になる。これはThunderbolt3(USB-Ctype)のコネクタを磁石式に変換するアダプタで上写真の右の部品がPowerBooknに挿したままになることになる。

こっちは余計な買い物で同じ電源アダプタでiPhoneを充電するためのケーブルだ。不必要だった。
Apple Lightning – USB-Cケーブル(1m)

を購入した。

最初に火を入れると、使う言語とかいくつかの設定の操作があるのだが、Apple ID も設定することになっている。あとからやっても構わない。アップデートとかに必要なので、最初から設定したほうがいいに決まっている。そこで設定しようとID、パスワードを入力すると、確認の6桁の数字が、すでに登録済みのMacあるいはスマホに送られてくるので、これを入力しようとするが入力できない。入力した数字が表示されないのだ。確認番号が送られてくるのでID、パスワードに誤りはないわけで、入力できない理由がわからない。通常は6つの数字を入力しただけで、エンターキーを押さずに次のステップに進むわけだが、入力できないので、諦めた。

Apple Store を起動して再度ログインを試みたのだが、今度はなんだかわからん小さなウインドウがでてきて、このウインドウに入力した数字が表示されたりして、結局、確認ができず、ログインできなかった。再起動したり何回も繰り返したから、もっと時間を開けてやれということになって受け付けてくれなくなった。むかつくな。あす、電話で問い合わせしながらトライするとした。

しかし、明日になったら、簡単に承認されてログインできるようになったのだ。なにがおかしいのかわからない。

こういうのをAppleにクレームをつけてもAppleはまともに対応しないからな。

さて、アプリをインストールしていくわけだが、64ビット版しか入れないことにする。もうすぐOSはCatalinaになるからな。

というわけで、PowerBook本体もそこそこの価格なんだけど、必要な付属品を揃えたら結構な価格になってしまった。とほほ….

 

 

学の学による学のためのブログの引っ越し

学とみ子ブログのFC2への引っ越しがとりあえずできたようです。
こんどのブログは 改訂学とみ子 です。まだ承認制ではないようです。コメントしてみました。[ 2019.8.30 15:07 加筆]

再編学とみ子」に引越し先が変更になりました。引っ越しトラックに積み残したコメントがあり、再度実行すると、これまでのものが二重になるから、新しい部屋にする必要があるからです。[ 2019.8.31 08:20 加筆]

改変版学とみ子」になった。悪戦苦闘ですな。
コメントだけをコピーしたページを作り始めたのが 2019/8/15(木) 午後 9:17 、本格的にコピペを始めたのが 2019/8/29(木) 午後 3:02  から、そして最後のコメント・コピペ記事が 2019/8/30(金) 午後 8:15 です。出来たとの声がまだないので未完成なんでしょね、[ 2019.8.31 15:55 加筆]

学学とみ子」になった。まだ悪戦苦闘ですな。[ 2019.9.1 06:45 加筆]

2019.9.1.12:10 現在、こういうのもある。「考察学とみ子」。Yahooブログの8月31日の記事もあるからこちらが最新らしい。https://katura1.blog.fc2.com/ 桂委員会からとったURLなんだろうか?

この2,3日、学とみ子はブログの更新どころかコメントすら書いていません。その理由は明らかで、Yahooブログが9月1日を持って更新できなくなるからです。閲覧だけは12月までできますが、記入できないので役立たずなわけです。

他の、無料ブログサービスを探して引っ越す必要があるわけです。そのために何かやっているんでしょうかね、音沙汰無しの状態です。

他の無料ブログへ移転するための道具はYahooが用意していますが、これではコメントは切り捨てられるようです。FC2ブログへの移転ツールはYahooにはないのですがFC2の方でインポートできるツールというかページがあり、こちらはコメントを引き連れて移転できます。ただし1記事あたり移転できるコメントは20ケと限定です。その理由はYahoo側にあって、コメントが21以上になるとコメント欄は折りたたまれて表示されるので、これを開く操作が必要なわけですが、このような操作をサポートしていないので、アクセスし表示されたページしか吸い取れないからです。

学とみ子は、コメントを含めたすべての記事を一括して移転したいわけですが、簡単にはできません。
学とみ子のとった手段は、記事なら移転できるので、記事の中に、その記事へのコメントをコピペするということです。すべての記事を開き、コメントが21ケ以上ある場合は折りたたまれたいるのを開いて全部表示し、コピーしてその記事本文の末尾にペーストするわけです。しかし、残念なことに、Yahooブログでは記事の最大文字数(2万字)が決まっており、コメントの文字数が多いと記事内にはりつけることができません。https://blogs.yahoo.co.jp/solid_1069/15989447.htmlはコメントが52もある記事ですが、このコメントを記事本文にコピペしようとしたら三十数個だけしかはりつけられませんでした。この文字数制限にひっかかったのか、コピペに失敗したのか不明です。

さて、どうしたもんでしょ。学とみ子は自分なりに考えて行動しましたが、すでに失敗しているし、多分うまくいかないでしょう。しかし、学とみ子ブログにたむろす擁護の方々は冷たいですねぇ。何の手助けもしないんですからね。ネットに詳しいmjもんた、セイヤ、カツラ報告書等々の有象無象は、偽魚拓のときは、できないくせに、できるなんて豪語したのに、ブログの引っ越しなどというもっと簡単なことなのに何の助言も援助も無いわけですね。学とみ子はネットリテラシーが貧しいことを知っているはずなのにね。いやこれらの有象無象にも実はネットリテラシーがないのですね。

当方のブログコメンテータである、サトさんはFC2に移行できたよとか、oTakeさんは独自にできることを示していたりしていますな。当方もFC2への移転ができたよと報告しています。当方等に必要なら聞けばいいのに、ま、それなりのプライドがあって許さないのでしょうね。かわいそうに。

では当方からの提案です。

まず最初に、この学とみこブログの存在意義を確認することから始めましょ。
学とみ子の、学とみ子による学とみ子のためのブログなわけで、世の中への医学や科学の啓蒙を目指したものとは、本人はそう思っているかもしれませんが、到底思えません。つまり、存在価値がどこまであるのか疑問です。むしろ妄想ばかり振りまくので、呆れ返られているだけです。

ご本人の書いた記事が、どこかで有用だとして引用されたことがあるのでしょうか?(偉そうなことを当方が言える立場ではないとのお叱りがあるかもしれませんが、かつて当方のブログ記事が役に立ったというコメントをいただいたことがあるから、言ってもいいでしょ)
有象無象のコメントも嘘だったりしてますね。すべてが嘘というわけではありませんが、根拠が曖昧だったりして、残す意義がどれほどあるか疑問です。当方や体内時計さんを始めとする当ブログによくコメントされる方々がどのくらい学とみ子ブログにコメントしたのかは知りませんが、その多くは学とみ子への批判であったと思います。また「意味不明」との言葉を残して去っていった方々の意見も学とみ子の意見に対する批判だったと思います。これらの批判は、学とみ子にとっては重要な意見だと思うところですが、第三者には重要性は低く、学とみ子は理解できていないので、残してあっても再度読むことはないでしょうから残す意味は薄いですね。

つまり、学とみ子にとっては不服かもしれませんが、この際、自己満足ブログ=ゴミは捨ててリセットしてブログを始めたらどうでしょうか?
今度は、無断転載などせず、きちんと引用元を明示して、どこが引用かを明確にする、根拠がない意見は妄想と判断されるので根拠を示して意見を言う、このようなスタンスでやり直すのが一番ですな。これが第1の提案です。ゴミ屋敷を作るのはやめましょうということですね。心を入れ替えるわけです。

第2のどうしても移転するには です。
コメントを引き連れた引っ越しは、オリジナルのプログラムを作ることができないのだから(擁護の誰かが作ってあげたら別だけど、ありえないでしょ)20ケと限定されているけどFC2しかできそうにないから、こちらに引っ越すとします。
9月1日までに引っ越し先ができあがっていないとまずいので、ともかく、FC2に引っ越しを行います。完璧ではないですが、コメントが20ケ以内の記事は問題ないはずですから、これに成功すれば8割がたできたことになります。上に書いたように、ご自身のコメントはゴミ、批判コメントは学とみ子にとっては豚に真珠なんだから最悪捨てちゃえばいいわけです。新しいゴミ屋敷も少しは空間ができるでしょ。

Yahooブログの閲覧は12月までできますので、20ケを超えたコメントはあとからなんとかするわけです。

引っ越しできなかったコメントをリストアップすることにします。
1) ブログ左コラムの下にカレンダーがあります。このカレンダーの年、月 を選ぶと、その月の記事一覧が右側にでてきます。この記事一覧のタイトルの右にある( )内の数字はコメント数です。月の記事一覧が15ケを超えると別ページになります。ほとんどの月では記事一覧は2ページ以内におさまっているでしょう。
2) 最近のものから順に、この月の記事一覧をコピーし、エクセルに貼り付けます。記事一覧をそのままコピーするとエクセルにタイトルと日付が別々のセルにペーストできます。

3) これを、ともかく現在から、過去に渡ってすべて行い、記事の一覧データベースを作ります。
4) 印刷します。コメントが21ケ以上ある記事にサインペンでマークします。
5) パソコンのファイルをダウンロードするフォルダを空にします。中身をすべて別の場所に移す、あるいは捨てます。
6) 印刷したデータベースに従い、コメントが21ケ以上あった記事を開き、折りたたまれたコメント欄を開きます。(データベースであるエクセルの表には記事タイトルがハイパーリンクになっていてここからWebページが開く事になっているはずですができないかもしれません。これを治すのは面倒だからここでは説明しません。)
7) 6)で開いたページをそのまま保存します。マウスの右クリックで「別名で保存」とかいうメニューを選択し、フォーマットを聞かれるので「HTMLのみ」を選択してそのページを保存します。1つの記事に対してファイルやフォルダが複数できると面倒なので「HTMLのみ」にして、1つのファイルにしたほうがいいでしょう。ブラウザによって保存のコマンド名フォーマット名が違うので適当に選んでください。
8) ダウンロードしたファイルを開き(多分、ブラウザで開くことになる)、ダウンロードファイルが満足できるかチェックすします。ファイル名がどのような形になっているかチェックします。記事タイトルーブログ名.htmlとかになるでしょう。ブラウザによって異なります。
9) どのようなファイル名になっているか、記事リスト一覧のタイトルとの対応がつくかを確認します。すぐ対応できないようだったら、なにか工夫して後でどの記事のファイルかわかるようにします。
10) 7)を記事リストでコメントが21ケ以上あった記事についてそれぞれ実行します。必ず実行順番は新しいものから古い方への時系列を守ることにします。混乱したときファイルの作成日時でソートすることができるからです。ダウンロードした記事はデータベースの紙にマークします。
11) すべての21ケ以上コメントのあった記事について、ダウンロードできたら、ダウンロードフォルダから、別のフォルダに移し、エクセルのファイルと共に保存します。
11)引っ越し先の記事にどのように、ダウンロードしたファイルのコメント部分をコピペするかは、引っ越し先のブログのthemeとかに合わせて考えて実行することにします。

おしまい。これでやれば、一つ一つ開くことには違いないのですが、全ての記事コメントを開くことはないので手間が減ります。マニュアルで行うコピペに失敗するというようなことにはならないでしょう。

これが学とみ子にとってできる2番目にいい方法だと思いますがどうでしょ。勿論、一番いいのは全部捨てちゃうことです。

20件を超えるコメントの移行について」という記事があります。この記事にある方法は、ダウンロードしたファイルからどのように該当記事にインポートするかですから、上記の個別にファイルをダウンロードすることは必要になります。

ほかにもYahooブログのバックアップとかで検索するとアプリがあるかと思います。しかし、これらのアプリもYahooの21件以上のコメントは隠れているというのをクリアできませんので、21件以上コメントが有る場合、その記事を開き、折りたたまれてるコメントを開く必要があるようです。

 

ネット機器調整予告

19日(月)機器の交換に成功しましたので、当分、事故以外にアクセスできないことはない予定です。

ご不便をかけました。

本日 15日(木)も昼間、ネットワークをいじるのでアクセスできないときがあります。30分と続かない切断が何回かあります。

本日 14日(水)も昼間、ネットワークをいじるのでアクセスできないときがあります。30分と続かない切断が何回かあります。実施しませんでした。

明日、8月12日(月)にネットワーク機器の調整を行いますので、アクセスできないことがあります。ご了解ください。

終了したら、ここに追記します。
とりあえず、今日12日(月)はここまで。まだあるからまた、おちるときがあります。

Full Screen Shot: a web page

追記があります。2019.7.30

学とみ子はコメントを承認しないわけですが、Yahooブログの仕様で、登録者からのコメントは登録者には「未承認」というスタンプがあって表示だけはされる。これを魚拓に採取しようとしても、魚拓サイトからのアクセスでは、この未承認スタンプのあるコメントは当然ながら採取できない(理由はわかるよねmjもんた、セイちゃん)。投稿したという証拠を残すためにはスクショしかない。しかしスクショは画面にない部分は撮影できない。というわけで、Webページをまるごと、画面からはみ出ていてもスクショする方法です。

Webページをまるごとスクショしたいとき、ページが長くてスクロールしないと最後まで表示されないような場合。切り貼りが必要となるが、Chrome だと切り貼りすることなく一発でショットできる。

デベロッパーツールを立ち上げる。
Windowsは F12
Macは command + option + i
詳細機能を呼び出す。
Windowsは Ctrl + Shift + p
Macは command + shift + p
検索窓に、「full」もしくは「capture」と入力。

enter/return キーを押すと、ダウンロード(ダンロード先はそれぞれのパソコンで設定されている場所)される。ファイル名は撮影したページの URL.png (下図は掲載するため間引いて縮小しているので拡大しても文字は読めない)となる。

(この記事はiSchoolの【拡張不要】Chromeでスクロールするページ全体のスクリーンショットを撮る方法!の焼き直しで、メモのためです)

[ 追記 ] 2019.7.30
上記の方法では、大きなページが途中までで、完全にキャプチャできない。Chromeの拡張機能、Full Page Screen Capture、を使うべきだ。こちらだとメニューにボタンが出てきて操作は簡単だし、大きなファイルは分割されて保存される。

Firefox の場合はURL欄の右にある ・・・ という点3つのアイコンをプルダウンし、 スクリーンショットを撮る からページ全体か選択部分か を選択できる。しかし、ページ全体もファイルが大きくなるようだと、最後までキャプチャしきれない。

Pink Rain Lily

Apple Storeを騙ったメール

楽天やAmaonなどの通販サイト、あるいは銀行のサイトを騙るサイトへの案内メールがよく来ます。最近、当方にきたのはApple Storeを騙った「購入した商品をありがとう “¥ 1,200 iTunes Gift Card 」という件名のメールです。タイトルが不自然で、iTunes Card も購入したわけではないので普通はすぐ捨てちゃうのですが、実は、つい先日、Apple Store で買い物をしたわけで、なにやらApple Storeから連絡があってもいい時期だったので、ちと詳しく見てみました。

下図はApple Storeから、ちと遅れて届いたメールです。こちらのメールの件名は「Apple からの領収書です。」です。事実、購入しているわけで、本物です。

そっくりですね。偽メールの意図は、当然、受信者は心当たりが無いだろうから、「この購入を承認しなかった場合は、にアクセスしてください。: 支払いキャンセル」をクリックして、支払いをキャンセルするだろうというわけですね。

このインチキメールの送信者のメールアドレスは
App Store <noreply-mailupdateinformation.co-jp00577@uiefd.me>
返信先は
no_reply@apple.co.jp
ヘッダーを読むと
From: App Store <noreply-mailupdateinformation.co-jp00577@uiefd.me>
となっています。App Storeとあるのはメールアドレスと一致しておらず嘘ですね。

Appleからの本物メールの送信者のメールアドレスは
Apple <no_reply@email.apple.com>
返信先は明示されておらず、ヘッダーは
From: Apple <no_reply@email.apple.com>
となっており、送信者と一致しています。
Apple はno_replyとあるので、このメールに返信しても読まないで返事もよこさないので、インチキメールは返信先メールアドレスをそれらしきものにしてもかまわないわけです。

インチキメールのドメインネームuiefd.meは米国にあるようですがインチキ臭いですね。「支払いキャンセル」のリンク先は
https://loli.tuidao.me/57?amp=njo19essgx
で、この tuidao.me というドメインは中国の北京ですね。

メールアドレスのドメイン名は騙ること(本物を使うこと)が可能ですがURLのドメイン名は、本物を使うことができないのです(わかってますよね、mjもんた)。

支払いキャンセル をクリックすると上記のように  https://loli.tuidao.me/57?amp=njo19essgx がリンクされているので、ここに飛ぶわけですが、これは
https://w3bapp-purcha3dappst0r3-secur3.9co-jp.com/session/?view=login&appIdKey=8832b3e6ae39a5a&country=JP
にリダイレクトされています。表示されるページです。

これは https://appleid.apple.com/#!&page=signin

という本物のページから作った偽ページですね。本物の方は当方が利用したことがあるので、ID が既に入力されており、パスワードを入れればいいようなプロンプトがでています。

偽ページが本物のページとそっくりなのは当たり前で、元のAppleのページをダウンロードして作成したからですね(mjもんた、セイちゃん、カツラ委員会さん、わかるでしょ、偽魚拓とちがって偽ページの作成は簡単なのです)。本来は上のメニューのリンゴアイコンや Mac iPad 等の文字 あるいは下にあるiCloud 等のアイコンにはリンクが埋め込まれていて別ページに飛ぶわけですが、偽ページはそこまで細かく作成していません。そこまで手をかけて偽ページを作らないのです。偽ページの目的はApple ID とパスワードの窃盗そしてクレジットカードの情報ですから、アクセスした方がどこか関係ないページに行ったら困るからですね。上の偽ページにID(デタラメでもかまいません)を入力すると、パスワードを入力する欄が増え、ここに適当な文字をパスワードとして入力して進むと、

というプロンプトが出てきて、「今すぐキャンセル」をクリックすると

というクレジットカード等の情報を入力させるページが出てきます。あー、間違えてもこのページを表示させて入力したらだめですよ。

こういうなんだか憶えがない、怪しげなメールがきたら
1)送信者のメールアドレスの@以下のドメインネームが、本来のその会社のドメインネームか調べる
2)メール本文にある リンク は決してクリックせず、マウスを右クリックして リンク先 を保存・コピーして、エディタ(メモ帳とかテキストエディット)にペーストして、リンク先のドメインネームが、本来の会社のドメインかどうかを確認する。メール本文にあるリンク先http://xxxxx.xxx.xxx.jp とかの文字列は信用しないこと
で、ほぼ、インチキメールであることがわかりますね。実際に飛んだ先のページのURLが、どのようなブラウザでも表示されます(だから偽魚拓ができない)ので、このURLが本物かどうかを、会社名を検索してその会社のページを開いたときと同一ドメインであるかで調べればいいのですね。

フェイクページについてのブログ記事はいくらでもあるし、ごまかされないための方法も書いてあるので、いまさらこのような記事を作る意味はたいしてないのですが、mjもんたの「Amazonの名前を語った成りすましメールに注意!! 」という記事を見て書くことにしたのです。このmjもんたの詐欺に注意のページの記事は、メールを受け取って書いてあるリンク先にアクセスしたら、Google Safe Browsingのページがでてきたという経験を書いているものです。これでは詐欺メールを防ぐ注意にはならなく、Googleがフィッシングサイトとして登録できた例として示す というような記事にすべきですね。この例ではフィッシングサイトにはご注意といっても、すでにGoogleが対応してくれているので注意喚起にはなりませんな。今回のような本物と偽物が実例としてあると、比較して紹介する意味が少しはあると思うわけですね。しかし、このように批判しても意味は通じないでしょうけどね。

Chrome Desktop 操作できない

何故かChrome Remote Desktop が動かない。相手パソコンに入ってデスクトップが表示されるのだが、マウス操作ができない。

操作される側:Mac Mini Mojave 10.14.5 バージョン: 75.0.3770.100(Official Build) (64 ビット)である。

システム環境設定 → セキュリティとプライバシー → プライバシー → アクセシビリティ で左下の 鍵 をクリックしてパスワードを入力して変更できるようにする。

org.chromium.chromoting.me2me.sh というファイルのアイコンにチェックが入っているはず。

一度、このチェックを外し、セキュリティとプライバシーから出て、再度セキュリティとプライバシーに入って チェックを付ける(つまり、なぜか設定が壊れているので再度設定する)と治った。

Teamviewer もインストールしてあったので、Teamviewerを使ってリモートで上記の再設定ができた。

Teamviewer は「商用で使っているんじゃね」とクレームがくるのが面倒だけど、個人使用だよと届けると、そのうち使えるようになる。Chrome Remote DesktopもTeamviewerも Mac ⇔ Win でできるので、両方インストールしておくといいと思う。

【悲報】MacBook Pro のバッテリーが膨れた

MacBook Pro (Retina 13-inch, Early 2015) が机の上に置いても安定しない。へんだなと思いつつしばらく使っていたが、ネットで検索したら多数の例がある。バッテリーが膨れてきたのだ。
蓋を締めても隙間がある。キーボード側が膨れているからだ。

ひっくり返して底の上に水準器を置くと左右に隙間がある。つまり底の中央が膨れている。

膨れていないMacBook Proを同じように撮影したのが下図だ。

左右の水準器との隙間が全く違うのがわかる。でAppleサポート0120-277-535に修理依頼の電話して、見積もりをとった。電話の女性の対応はスムーズだった。しかし、ファームウエアのパスワードを解除しておけ、FileVaultはオフにしろ、iCloudはサインアウトしておけ、そのためにはApple ID が必要だ、管理者権限のアカウントを新しく作成しておけ、メールアドレスを口頭で伝えよ、住所、電話番号も口頭で。メールを送ったからメールからクレジットカードの手続きをしろ、Time Machineでバックアップとれ、だからかなり時間がかかったよ。アカウントを作成したけどパスワードを指定してこなかったな。いいのかな?

まだ4年物だから2万円はしょうがないか。Apple care に入っていないしな。痛いなぁ。Apple careに加入していても3年間で2万5千円だから意味がなかったな。

当方の住んでいる所の近くにApple対応の店舗がないから、クロネコヤマトがピックアップにくることになった。4or5営業日ということなので今週末に戻ってくるかな。

ちなみに このMacについて → システムレポート → 電源 で 状態情報 をみると 充放電回数は8回だけだ。バッテリーがふくれていない古い方(Late 2013)のMacBook Pro は36回だ。蓋を閉じてスリープのときも電源を繋げっぱなしだったからか?

2019.6.17(月)19時 にクロネコヤマトが来てピックアップして、2019.6.19(水)午前8時にメールが来た。メール記載のURLにアクセスすると;
とのことだ。
2019.6.20(木)午前6時 修理完了のメールがきた。

どうやらバッテリー交換だけで他に異常はなかったようだ。今日(20日(木))夕方には届くだろう。

請求書だけはしっかり20日(木)の昼12時に届いた。

20日(木)の19時に宅急便で届きました。
バッテリーとキーボードが交換されたとの報告書がついていた。
底がきちんと平らになり、ぐらつくことはなくなりました。

日曜日に修理依頼、月曜日に送付、木曜日に返却 だから、Apple直営店に予約して持ち込めば多分当日1時間位の待ち時間で終わるところなんだろ。しかし当方の家の隣の店が直営店ではないので一日有給を取ることになるだろ。田舎だと4営業日だけど宅配便使えば普通の勤務ができる。

macOS Server 5.7.1 あー・・・使えない

     [ 2019.5.3 追記あり ]
このブログのサーバ機は中古で、もはや化石状態である。そこで、新しいサーバ機に交換したい。最新のサーバ機ではないが、そこそこ新しいのを手にいれたので最新のOS Mojave でサーバを構築しようと思ったわけだ。

以前の macOS Server はメールとかPHPとか最低のアプリがインストールされており、GUIでon-off が調整できたりしてそこそこ便利だったのだ。それは macOS Server 5.6(2018年3月30日リリース)までだったようだ。そんなの知らなかった。

だから、Apple Store でmacOS Server 5.7.1(2018年9月29日リリース)を購入してMojaveにインストールすればいいはずと思い、2400円払ってインストールしたのだ。そしてserver.app を起動して、出てきたサービスの欄にメールもwebもカレンダーもなにもないのでおったまげた。

あるのは学校とか会社でのマネージメントに使えるサービスだけだ。

インストールされてないから、「macOS Server 5.7.1 における変更点」を見て自分でインストールしてちょうだいねだそうだ。

あーあ。パッケージになっていてGUIがサポートされているから、ま、時にはコマンドラインからCUIで設定する必要はあるけど、楽なので使っていたのに。「カレンダーサーバ、連絡先サーバ、メールサーバ、DNS、DHCP、VPN サーバ、Web サイトなど、オープンソースサービスは macOS Server での提供を停止」なんだそうで、個々にインストールして設定しないといけない。
なんか20年前のRedHatLinuxとかフリーBSDをいじっていたときに戻らないといけないのか。
時間がかかるなぁ。そして、できるかなぁ?当時は面白いから一気に作成したんだけどね。もう歳だし、ぼちぼち、やるのはいいけど、できるかな?

この連休の3日間位で入れ替え可能と思って、おとといまでは何もしていなかったのだ。これでは連休中には無理とわかって、しょうがない、最悪の場合を想定して昨日、今日とごまかす方法を模索した。

別途、古い2010年物のMac Mini があり、こいつを本来とは違う12GB RAMで動かすことができるように設定してあった。複数台あったので、12GB RAM Sierra に設定しておいて友人にあげちゃったりしたのだ。1台だけ手元にあった。こいつを使うことにした。

現在のサーバのバックアップはTime Machine とCarbonCopyClonere(CCC)で取っている。このCCCの良いところは、クローンを作るとそのクローンはbootable HD になるのだ。外付けHDに定期的にクローンを作成しているので、もし、現在のサーバ機が動かなくなっちゃった時、このクローンのHDを起動ディスクにして上記のMac Mini が起動できればいいのだ。だから上記の別のMac Mini をクローンの外付けHDから立ち上げることができるのを確認した。で姑息な緊急時の対応ができるのを確認しておしまい。

ぼちぼち、サーバをいつか構築することにして、姑息な管理人は連休中にぐうたらすることにしたのだ。

うろうろmac mojave の中を覗いた。TinkerTool というアプリが不可視になっているファイル・フォルダを可視化するので便利だ。

mojave にはすでにPostfix がインストールされているようだ。
ターミナルで
$ postconf | grep mail_version
とすると
mail_version = 3.2.2
milter_macro_v = $mail_name $mail_version
postconf: warning: /etc/postfix/main.cf: unused parameter: mydomain_fallback=localhost
と帰ってきた。
Postfix最新情報によると最新バージョンは Postfix 3.4.5(リリース日:2019/03/30)だそうだ。このまま使うかバージョンアップするかあとで考える。

PHP もインストールされている。同様にターミナルで
$ php -v
と入力すると
PHP 7.1.23 (cli) (built: Feb 22 2019 22:08:13) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.1.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
と返ってくる。
PHPのリリース日とサポート期限によると最新バージョンは 7.3.4 (リリース日:2019/04/04)ということでこれもどうするか考えることにする。

カレンダーサーバ、連絡先サーバ、DNS、DHCP、VPN サーバ は自宅サーバなんで使わないから後回し。メーリングリストを使うのでMailman をインストールする必要があるな。

アプリのインストールから始める必要があるかと思ったら、そろっていた。そんなに時間はかからないかもしれない。こう思うとますます怠惰な管理人はTVで野球を見ながらごろごろ連休を楽しんでしまうのだ。あっちのブロクも皆さんお休みのようですな。

[ 2019.5.3 ] 追記
ぼちぼちということで
Homebrew をインストールした。
Homebrew を使って
mysql をインストールした。
PHPmyAdmin をインストールし、インストール結果のsummary にあるようにhttpd.conf に加筆した。
詳細は別途記事にする予定。

Chromeのリモートデスクトップ

10年以上”飼っている”シンビジウムです。今年も花を咲かせました。誰からいただいたのかも、わからなくなってしまった。単純に水をあげているだけです。

リモートデスクトップは個人で仕事でなければ無料なのでTeamviewer を使っていた。しかし、ときどき商用だろと言ってきてちょっとの時間しか使えなくなることがでてきた。商用でないよとクレームを付けると解消されるのだが、面倒だ。

Chromeのリモートデスクトップというのが使えるようになった。設定すれば(https://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/1148983.htmlなどに設定方法が書いてある)便利である。使えるブラウザはChromeとは限らない。
https://remotedesktop.google.com/access/
にアクセスすれば、Googleのアカウントで設定してある起動しているサーバやパソコンを操作できる。
なかなか便利だ。
Chrome だとクリップボード経由のコピペが可能なのだが、Firefox だと今の所できないようだ。

MacBookPronoの電源を入れたまま蓋をとじてスリープ状態になっていても、これにアクセスできる。

Mac mini にGoogle Chrome のアプリにあるリモートデスクトップから接続し、切断し、ブラウザからアクセスしないと接続できない。いきなりブラウザ(Chrome にしろ Firefox にしろ)からhttps://remotedesktop.google.com/access/ でアクセスすると接続に失敗する。アプリから接続に成功したあと何分有効かはまだわからない。