sigh のすべての投稿

Mac PowerBook Pro 更新 その5

Mac PowerBook Pro 更新 そのx というのは新規購入したPowerBook Pro のことね。

新規に購入した時がmac OSがMojave だったので、その1〜その4まではMojaveで実施し、昨日、Catalinaにアップデートした。新規なのでそもそも32ビットアプリは入れてないのでスムーズにアップデートできたようだ。

CarbonCopyCloner(CCC) と Time Machine でバックアップを新規に作成している。バックアップ先は4Tの外付けHDDを2Tずつのパーティションを切って使っているのだが、物理的に同じHDDを使うというのはよろしくないかもしれない。

MacのHDはシステムなどの書き換えられては困る部分とデータ部分が、みため別パーティションになっている。これをCCCでバックアップするのがよくわからない。当初Macindosh HD のみバックアップ元に指定したらUsers/の部分がバックアップ先に見えなかったのでMacindosh HD-dataをCCCーデータ(この外付けHDがどうやってきたのかわからなくなってきた)にコピーする設定にしてみた。CCCとCCCーデータとは同じものなのだが別HDとしてデスクトップにある。CCCでクローンを作成した結果、両方とも同じフォルダがあって、中身が同一だ。定期的バックアップは Macintosh HDのバックアップを CCC に作るとした設定だけだ。いまいち、わかってないのだ。


金木犀(クリックすると香ります

AdobeCC と macOS Catalina

macOS Catalinaが公開されたので、MacPowerBook Pro (Retina 13-inch Early 2015)のSSDドライブをまっさらにして、Catalina をインストールし、Adobe CC をインストールしようとしたら、Adobe CC自体は64ビットで動くのに、インストーラが32ビットで動かなかった。

とほほ…

解決策はここにあるようだが、面倒なので、Mojave にダウン・インストールし、Adobe CCをインストールしてからCatalinaにバージョンアップすることにする。

とりあえずAdobe CC を Mojave でインストールし Catalina にアップした。動くことは動いているが、どんなトラブルがあるかわからない。

CatalinaコンパチブルのAdobe CC のリストがある。細かいところではトラブルがあるかもしれないが、一応大丈夫なようだ。

Office2011はだめらしい。

Office2019をインストールした。ESET Seculity Proをインストールした。Thunderbird をインストールした。


cosmos

台風19号

台風19号のおかげで週末はどこも、近所のスーパーにもでかけないほうがいい。というわけで、早めに帰宅。スーパーに寄って生物(なまもの)とビールを仕入れた。インスタントラーメンとか水が売れているようだけど、当方はいらない。まだそんなに混んでなかった。

https://www.jma.go.jp/jp/gms150jp/から15時45分現在

多分トラブルは停電だろう。飲料水20L確保。トイレ用にバスタブに水を溜めた。食料は今晩の刺し身寿司定食、明日のヒレカツ定食、明後日の青椒肉絲の材料を仕入れたしビールもだ。朝、昼は適当にパンとかラーメンとかパスタがあるからいいでしょ。3日分はあるな。月曜日には買い出しに行けるでしょ。

TVで養生テープを窓ガラスに 米 のように貼り、ガラスが割れた時の対策としているが、これには賛否があるようだ。アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(Federal Emergency Management Agency、略称FEMA)によると、ガラス窓のガラスにテープを貼ること
「Taping your windows is a waste of time and energy. It provides little strength to the glass and no protection against flying debris. Once a Hurricane Warning has been issued you should shutter your doors and windows for protection. 」だ、つまり時間とエネルギーを浪費するだけで、ガラスの強度を強化するわけではないし、飛んでくるものに対抗できるわけでもない。鎧戸で閉めるべきであるとしている。

Mac OS Catalina をインストールできる起動可能なSDカードを作成する

Mojaveの起動可能なインストーラSDカードの作成方法と同じである。

必要なもの
1)インストールできるMac(ダウンロードするとき拒否されないくらいのバージョンのMac)
2)そのMacに管理者権限をもったユーザでログインしていること
3))ルートユーザになれるようになっていること
4)16GB以上のSDカード あるいは USBメモリー。 インストールした結果のインストーラーとその他は8.2 GBである。

インストールするSDカードはディスクユーティリティで Mac OS拡張(ジャーナリング)で名前を(なんでもいいけど、ここでは)UNTITLEDとしてフォーマットする。
ターミナルで見るとこのSDカードは
/Volumes/UNTITLED
となっている。

macOS Catalinaインストール.app をダウンロードする。

アプリケーションフォルダにインストーラがダウンロードされると自動的にインストーラが起動する。

しかし先に進まずにとりあえずインストーラを終了する。そうしないとインストールが終了するとインストーラは消去されてしまうからである。

インストーラはFinder では macOS Catalinaインストール.app だがターミナルで見ると
/Applications/Install macOS Catalina.app
である。

がインストーラ作成コマンドである。以下の赤字部分を入力するpsswordは入力してしても表示されない。

Mac:~ hoge$ sudo /Applications/Install\ macOS\ “Catalina.app”/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/UNTITLED
Password:hogehoge
Ready to start.
To continue we need to erase the volume at /Volumes/UNTITLED.
If you wish to continue type (Y) then press return: Y
Erasing disk: 0%… 10%… 20%… 30%… 100%
Copying to disk: 0%… 10%… 20%… 30%… 40%… 50%… 60%… 70%… 80%… 90%… 100%
Making disk bootable…
Copying boot files…
Install media now available at “/Volumes/Install macOS Catalina”
Mac:~ hoge$

SDカードの名前は UNTITLED が Inatall macOC Catalina と自動的になっている。

このカードを使うには、起動時に option キーを押し続けると、起動可能なメデイアがでてくるから矢印キーでこのカードを選んで起動すればいい。

頭、大丈夫?

学とみ子の論理は理解し難く、最近はどんどん壊れてしまって、STAP細胞とSTAP幹細胞の区別もできていない。最近の記事の追記その4、5魚拓)では「STAP細胞がES細胞から作られたとするには」と言っているが、誰もそのようなことは言っていない。STAP幹細胞はES細胞由来だと言っているのだ。揚げ足取りと反論するかもしれないが、既に定義されている言葉、ことわざ、エピソード等の使い方がデタラメなのは「的が当たっている」とか「女王がフィンガーボールの水を飲んだふりをする笑い話」でもわかる。SDについても批判されたことが理解できていないし、ベン図が構築できていないと批判されても批判が理解できないのだ。頭が壊れちゃっているのだ。大丈夫なんだろうか?

最近の主張は「FES1とFES2は、同じ年度に作られた可能性が低い」である。桂調査委員会報告書によると、FES1とFES2は同じ時期(2005年12月7日)に作製された受精卵ES細胞で、DNA構成が異なるのは、両親の遺伝的背景が均一でないからであるとされている。学とみ子はこれに逆らって、両親が均一な遺伝子背景にあっても、飼育していくうちにSNPが生じてくる。したがってDNAが異なるのは作製時期ーラベル(記録)ーが嘘で、作製時期が異なるからであるということらしい。もし異論があるのなら、自説の論理的説明の他に、対立する説(この場合は桂委員会の説)を否定する根拠を述べる必要がある。こういうことでも説明できるでもいいが、どっちが妥当なのかを示す必要があるが、そのようなことは、科学論文を書いたことがあるのにできないのだ。

FES1とFES2の染色体のどこが違うかというと、桂調査委員会の報告書によれば、「(SNPs分布は)ES細胞FES2でB6/B6のSNPsがES細胞FES1ではおしなべてB6/129となっており、また、ES細胞FES2でB6/129のSNPsはES細胞FES1で全て129/129であるという極めて特徴的なSNPsパターンの相違を示した。p6」ということで、この違いは、両親の飼育時間が異なる(ES細胞の作製時期が異なる)から生じたものではなく、両親の遺伝的背景が異なるからと考えるのが妥当である。もし、遺伝子背景が均一で、作製時期が異なるのならSNPの違いはランダムになるはずで、ある特定部分が一方はB6/129、他方が129/129となることはない。結果としてFES2に類似したSTAP幹細胞はなかったわけだが、調べないとわからないから調べたわけだ。Negativeコントロールでもある。同様にntESG1、ntESG2 も違ったわけだ。異なった細胞株だったと公開してどこもおかしくない。

自説を主張するためには、事実ーこの場合サンプルのラベルとか実験ノートの記録とかーを捻じ曲げる必要がある。和モガ説とか一言居士説もだ。aruimioujiもすり替え説とか言っているから、きっとそうなのだろう。

学とみ子は「こうした人たちが、STAP潰しをしている」と当方等を批判するが、誤解している。STAP現象は再現性なく存在を肯定することができず、もはやオワコンで、今更、さらに潰すなんてことはしていない。あったかのようにデタラメ、妄想を振りまく学とみ子とその腰巾着どもを批判しているのだ。


名前不明、直径10cmくらいの大きなキノコ(左の赤いのはペットボトルのキャップ)。群生していないで1本、ひょっこり出ていた。

Mac PowerBook Pro 更新 その4

PoweBook Pro を更新し、アプリも更新しているのだが、アプリはバージョンを上げるのが有料だったら、特に困ることがないから上げることはなかったわけだ。MS Office も2013年頃のをそのまま使っていたわけで、今回、2019年版に変更したから、戸惑うことが多い。

Wordを使っていてMagic Mouse 2 を人差し指で軽くタップしちゃうと、ズームされて元に戻せない。他のアプリでは起こらない。困ったわけだ。コントロールキーを押しながら、マウスをスクロールする動作ーマウス背面を指を前後にこするーで拡大・縮小できることがわかった。この場合は、アクティブなウインドウの中だけが拡大・縮小する。
システム環境設定ーアクセシビリティーズーム機能 で スクロールジェスチャと修飾キーを使ってズーム にチェックを入れると

同じ動作ーコントロールキー(別のキーに変えることも可能)を押しながら、スクロールジェスチャをすると、画面全部が拡大・縮小する。こういうことはきっとあまりないだろうから、チェックはつけないことにする。

Word だとマウス背面を2回タップすると拡大するが元に戻すにはcontrol キーを押しながら、マウス背面置いた指を前後に動かして(control キーを押しながらスクロール動作)拡大縮小する。
Excel はマウス背面を2回タップしても何も生じない。ontrol キーを押しながらスクロール動作で拡大縮小する。マウス背面を2回タップしても元に戻らない。
Powerpoint はマウス背面を2回タップしても何も生じない。control キーを押しながらスクロール動作で拡大縮小する。マウス背面を2回タップしても元に戻らない。
Firefox だと、マウス背面を2回タップしても何も生じないが、control キーを押しながらスクロール動作で拡大縮小する。拡大縮小した後、マウス背面を2回タップすると元の大きさに戻る。
Chrome だとマウス背面を2回タップすると、カーソルのある部分を中心に、拡大ー拡大が元に戻る を繰り返す。control キーを押しながらスクロール動作は普通のスクロール動作だけ。
AdobeCC (AcrobatPrpDC、Photoshop, Illustrator) はマウス背面を2回タップしても何も生じないし、control キーを押しながら、マウス背面置いた指を前後に動かしても拡大・縮小ではなく普通にスクロールするだけ。

というわけでアプリによって様々ですな。

PowerBook Pro ではなくiPhone のOSを13.1.2 にあげたらメールを一斉に開封済みにマークするのが良くなった。これまで、複数の、メールを開封済みにすると、その間、ハングアップしたかのように何もできなくなったのだが、今度はバックグラウンドで開封済のタグをつけてくれるので、他の操作ができる。終了するとアイコンについていた未読メールの数を示す赤いマークが消える。50通もあるとしばらく使えなくなるからね。

Mac PowerBook Pro 更新 その3

CarbonCopyCloner (以下、CCC)というバックアップアプリを愛用している。

バックアップなんだから、このアプリがディスクにフルアクセスできないと困る。そのため、システム環境設定 → セキュリティとプライバシー → プライバシー → フルディスクアクセス に登録する必要がある。CCCをインストールして実行すると、一部がコピーできないと言ってくる。そのためには/Library/PrivilegedHelperTool/com.bombich.ccchelper をこのフルディスクアクセスに登録しなさいと言ってきて、なにやら魚のアイコンを使って登録すると簡単だという案内が出てくる。しかし、これが使えないというか登録できない。

システム環境設定 → セキュリティとプライバシー → プライバシー → フルディスクアクセス には ESET Cyber Seculity Pro (ウイルス等のプロテクション・アプリ)が既にあるように見えるのだが、これを削除しても削除できない。再起動すると見えたり・見えなかったりなのだ。Mojave と ESETのbug という記事を書いていたのを思い出した。ESETのバージョン6.6にして回避していたのだが、いつの間にか、バージョンアップして6.7に上げていたのだ。
Canon の「ESET製品をインストール後、アクセシビリティ/フルディスクアクセスの登録内容が表示されなくなる」に解決策がある。v6.7をアンイストールし、V6.6をインストールし、製品番号を探し出してactivateし、無事、CCCのcom.bombich.ccchelperを登録した。

再度、クローン作成を行い、エラーがないことを確認した。

半年前にやったことを覚えていない。誰かの認知症を笑っていられないかも。しかし、このCanonの記事も半年以上前のままだ。Mac のOSが明日にもアップされるというのだが、今度はどうなるのだろうか?そのままバージョンアップして構わないのか?。

ちなみにこのCCCというバックアップソフトは、TimeMachieとかWinのバックアップ・アプリが圧縮して保存し、リストアするのがそのアプリでないとできないというのとは異なり、HDの中身そのままの形(フォルダとかファイル)のまま別HDに保存してくれるのだ。定期的に実行するようにしておけば、毎日1回と設定しているので、1日だけのロスで回復できる。つまり、今日誤って消したファイルを、昨日の時点のものにコピーして持ってくることができる。もっと古いものもHDの容量に引っかかってなくて、いつ作成したがが大体わかれば、探し出せる。しかもそのバックアップ用のHDを起動HDにすることができるので便利なのだ。だから気に入っている。

rootユーザを有効にして、ターミナルで su が使えるようにした。

Macの名前は3つもあるので設定した。ターミナルで以下を入力した。
sudo scutil –set ComputerName Hoge-PBP
sudo scutil –set LocalHostName Hoge-PBP
sudo scutil –set HostName Hoge-PBP.local

FC2ブログのコメント欄の表示

                   (下に追記があります)
学とみ子のブログのコメントを引用するのが大変だから、コメントにアンカー(#)タグを使ってURLで表示できるようにしろ、投稿年月日だけでなく日時もつけるとか、コメントに番号をつけるとかしろと当方は言っている。しかし、できることを示しておかないと引用元を明示しない習慣の学とみ子はせせら笑うだけでしょうから、ちと方法を探してみた。mjもんたに教えてあげなさいよと言ってもできないでしょうからね。
昼休みにちとやってみたのですが、コメントにアンカーをつける方法はよくわからないです。コメントに番号をつけることと投稿日時を表示するようにする、そしてコメント者のメールアドレスは無用だから、入力を要求しない、表示しないことに変更できることがわかったので以下に書く。

まず、使っているテンプレートはコピーして名前をつけ、こちらを改変する。そうでないと失敗した時元に戻れなくなるからね。

ブログの管理ページ→テンプレート(PC)→[ テンプレートの名前 ] のHTML編集 の文字のすぐ下にある テンプレート中に使える変数一覧を開き コメントエリア・トラックバックエリアの変数 ↓ をクリックすると

内に以下の変数を入れればいいと用意されている変数が書いてあります。
コメントのシリアル番号は、記事毎だと

全てのコメントのシリアル番号だったら

また、コメントの投稿”時”は

“分”は

とある。
だから(以下の xxx行目とあるのは simple_diary_white というテンプレートの場合だ);
[ テンプレートの名前 ] のHTML編集 にある(コピーの)htmlから

という部分を見つけ出し(363行目)、366行目に<%comment_title>というのがあるから、その前に <%comment_entry_serial_no>:
を挿入すると、例えばコメントのタイトル「学の嘘つき」の前に、その記事のコメントシリアル番号が、「45:学の嘘つき」のように挿入される。
また、近くの376行目に

というのがある。これだとコメント投稿日が 「2019/09/28」としか表示されないから、これを

とすると 「2019/09/28(13:35)」のように時刻まで表示できる。

学とみ子ブログがどのテンプレートを使っているのがわからないので、これ以上は教えられません。やってみてちょうだい。

それにしても学とみ子ブログはひどいもんで、コメントする方がメアドを入力しちゃうと、そのメアドが丸見えです。古い方の記事のコメントは違うようですが、最新の記事のコメントにある青字の「編集」をクリックするとコメンテータのメアドが丸見え。あのね は幸い入力していないけど、学とみ子は入力してあって、潰れた医院のWebページがあったレンタルサーバで使っているメアドそのままですな。まだ使えるのだろうか。

学とみ子ブログにコメントするときは、メアドを入力しないようにしないとね。FC2ブログはデフォルトでこういう設定なんだよね。

[ 追記 ] 2019.10.1 18時頃
ふむ、この記事の最初のバージョン(語句の訂正をする前)が16時頃だったのだが、学とみ子にあっては頻繁に当ブログにおいでになるので、この記事を読むやいなや、あわててコメントにあったメアドは消去しましたな。ということは、あのメアドは生きているんですな。コメンテータのメアドがバレちゃうなんて話は以前にちょっと書いたのですが、理解できていなかったようですな。

[ 追記 ] 2019.10.2さらに2019.10.3
学とみ子は simple_diary_white を使っているようだ。
これを改訂する。
FC2ブログの管理ページーテンプレートの設定 で;
simple_diary_white に赤旗が立っているから、右の 複製 をクリックする。
自動的に名前が simple_diary_white1 が出てくるから、この複製を 適用 して、改訂する。

[ simple_diary_white1 ] のHTML編集 の枠内を改訂する。

(<!– コメント一覧 –>)
376行目

のday> の後に 「(<%comment_hour>:<%comment_minute>) :」を加筆する。

コメントの最後にある 「 2019/09/30   URL   編集 」 が「 2019/09/30(10:05)   URL   編集 」と時、分も表示される。

(同じく<!– コメント一覧 –>)というコメントアウト行に挟まれた部分の366行目:
<%comment_title>
の前に
「 <%comment_entry_serial_no>: 」を加筆して

とする。
コメントのタイトルの前に その記事のコメントのシリアル番号: が表示される。
下の図は 学さん がコメントのタイトルで、その前に番号(この記事のコメント番号)があり、あのね がコメント者の名前である。

<!– コメント編集フォーム –> の部分の
194行目

と <!– と –> で挟んでコメントアウトすると コメント編集画面での「メールアドレス」という言葉とメアド記入欄がなくなる。

しかし、新規コメント投稿ページでは「メールアドレス」とその記入欄が残っているから

<!– コメント投稿フォーム –>の部分の
404行目

も同様に以下のようにコメントアウトしちゃう

これでコメント投稿ページでは「メールアドレス」の言葉と記入欄がなくなる。

いずれにしろ、このテンプレートはメアドが見えちゃうとか良くない部分があるので別のにした方がいいと思うけどね。

書き換えできないだろうから、mjもんたに聞いてみなさい。

Mac PowerBook Pro 更新 その2

Mac PowerBook Pro 更新 その1の続き

Thunderbird
メールソフトThunderbird は当然のことながら最新バージョン68.1.1 (64ビット)をインストールした。これまではv.60 だった。Thunderbird を引き継ぐのは、これまで何回もやってきたように、
1)新しいアプリをインストールし、起動し、何も設定せずQuitする。
以下、xxxxxxxxやyyyyyyyyはランダムな文字数字列で場合毎に異なる
2)/Users/~/Library/Thunderbird/Profiles にxxxxxxxx.default というフォルダがあるからこのフォルダ名をxxxxxxxxNew.default とかに変更する。
3)古いMacの同じdirectoryにyyyyyyyy.defaultというフォルダがあるから、これをUSBメモリ等を使い、コピーし新しいMacの方にペーストし、フォルダの名前をxxxxxxxx.defaultに書き換える。yyyyyyyy.defaulはこれまでのメールがあるので、場合によっては大きなフォルダになっているはずだからコピペに時間はかかる場合がある。xxxxxxxxNew.defaultを捨てる。
4)Thunderbirdを起動して確認。過去のメールが全て読めるはず。
ということなんだけど、3回繰り返しても、以前のメールや設定にならない。4回目にできた。何故だかわからん。フォルダ名に半角スペースとかが入っていたんだろうか?原因不明だけど、できるようになったから問題ないとして追求しなかった。

バージョンを上げたら、アドオン(Manually sort folders)が使えない。これ、頻繁にくるメールの保存フォルダは上の位置にしておくことができて便利なので、バージョンアップしてくれないかな。デフォルトだと仕訳したフォルダの名前順になってしまうからな。[ 追記 ] 2019.10.2 Manually sort foldersは自動的にバージョンアップされ68バージョンでも使えるようになった。なんだか、知らないうちにアップデートされていたぞ。

AdobeCC
CS5からのバージョンアップなんで、使い勝手がかなり変わっている。
Dreamweaver は文字列をエディタからコピペすると、これまでは改行のタグ<br>が自動的に入った形でペーストされるので、エディタで編集してからページに掲載するのが簡単だったんだけど、今度は、そもそもLiveというペインでの操作がやりにくく面倒だ。だからと言ってcodeペインで、今更、作文するのは嫌だしね。そのうち何か簡単な方法がわかるだろう。
CS5の時はOSのバージョンを上げていったら、サーバの設定が保存できなくなってしまったのだ。これが当然のことながら解消した。
Illustratorは、以前作成したファイルを開くと、文字が無いといってきて、背景にピンクの帯がついてきて、まだ解消できていない。イラレで使えるデフォルトで用意されているフォントに置換すれば問題ない。デフォルトにない、MS Pゴシック などのフォントをなんとかすればいいのはわかっているけど、まだやっていない。パワポでプレゼンするわけだが、パワポで図を作成するのは辛いので、イラレで作成し、そのままコピペすると、パワポでは崩れちゃたりするので、スクショを貼り付けることが多かったのだ。これからも多いと思う。だからイラレの文字にピンクの背景の帯があるのはまずいわけだ。ゴシック系のフォントとして、MS Pゴシックを使う義理も何も無いのだが、プレゼンをするパソコンとしてWindowsが用意されていることがほとんどで、WinのパワポではMacで作成したパワポがうまく再生できないことが、昔は当たり前だったので、その名残でWindowsのフォントを使ってきたわけなのだ。もうそんなことはないだろうから、ゴシック体、明朝体のフォントも好きなのが使えるはずと期待している。
文字入力ツールを選択し、文字入力をしようとすると「山路を登りながら」という文字列が勝手に出てくる。環境設定→テキスト→新規テキストオブジェクトにサンプルテキストを割り付け のチェックを外す。空白の文字がないようにするためらしいけど、最初は驚いた。2017年版かららしい。ちなみにこの文字列は夏目漱石の草枕に一節だそうな。
Photoshopは昔同様使えているけど、photoshopの機能をフルに使ってきたわけではないので、今のところ戸惑ってはいない。


昨年の今頃、出現したきのこの山は今年はショボショボだ。別の場所に出現したキノコの束なんだけど、名前はわからない。

ナラタケモドキか、学とみ子をオオワライタケしているのだろうか?

Mac PowerBook Pro 更新 その1

Mac PoweBook Proを購入したという記事の続き。

古いほうのPoweBook Proをターゲットモードにしてファイルをコピーしようと思ったが、古い方はThunderbolt2 で新しい方はThunderbolt3。これをつなげるケーブルがない。

ネットワーク経由で、古い方をサーバ(ファイル共有)にして新しい方からip addressを入力してSMBで接続して始めたのだが、書類フォルダ内のMicrosoftユーザーデータてのが6.6GBもあってなかなかペーストしてくれない。なんか異常に遅い。約8日なんて表示される。両方ともWiFi接続なんだけど、かなわないな。だいたいこのMicrosoftユーザーデータてのはなんだ?MicrosoftOfficeが勝手に作るらしいのだが、以前の情報を引き継ぐためには必要らしい。ネット経由は余りにも遅いので止めた。SDカード経由にした。それでもSDカードへのコピーが40分だと。SDカードから新しいPoweBook Proへのペーストは10分以下だ。

AdobeCC、Microsoft Office、mi、Chrome、Firefox、Switchhosts!、ESET、TinkerTool、Thunderbird、CarbonCopyCloner がよく使うからインストールした。

これがデフォルトでインストールされているアプリだ。

あとは、気がついたらその度にインストールだな。古いPowerBook proにある滅多に使わないアプリは多分バージョンが古いだろうから、使うときに新規にインストールの方がいい。

キーチェーンもゴミがいっぱいだから新しく登録していくことにする。

Printerの設定も楽チンになったもんだ。Bonjour でやれば、すぐ終了。ip address がどうのこうのとかいう昔の話はおさらばだ。

どうして仲間なのにたたかれるの?

学とみ子は、ブログのこれまでのテンプレートはどう考えても使いづらいので、別のを選びました。いままでの rapid2_white は余計なものを除いてできだけ表示が早くなるというテンプレートだったので、カレンダー等余計なものが表示されない=不便というものでした。今度のは cleanly_green というやつですな。折角、学を学とみ子 という捨てブログを作ったのだから、山程あるテンプレートから好きなのを選んで・トライしてから本番のブログを変えればいいのにと思うところですが、ネット・ブログとは言わず、こういうことの手順を組み立てられることができないのだからしょうがないですな。公開されている学とみ子の論文は症例報告のような、つまり観察論文が多いようで、実験などやったことがないから、こういう操作ができないのではないかと愚考しますな。きっと手順をマネージできないので料理もへたくそと想像できますね。

閑話休題

新たな記事「研究員たちの涙は、…はないでしょうか? 」の冒頭は、何故、同じ擁護なのに「aruimioujさんも、一言居士さんも、学とみ子をほんとにけなすの?」だそうです。当方のコメントを読んだのでしょうね。Ooboeさんも「社会オンチ的お嬢様」とけなしていますな。「胚の遺伝子異常感知能力」などというオカルトを言うから、一応科学的な議論をしているとする擁護の方々ですら後ずさりするのが理解できないんですね。

この一文(行)からなるパラグラフの次のパラグラフは
「私がため息ブログのメンバーたちを否定するのは、学とみ子の主張をでたらめであるときめつけているからです。私の言っていることがでたらめと中傷されている事への反論です。」
と、全くつながりのない内容が書いてあります。「中傷されている」ではなく「中傷している」が正しい日本語かと思います。「されている」を当方を尊敬するの意味で使っているとは思えません。受け身なんでしょ?受け身で書いたら間違いですな。
しかし、これは中傷ではありません。最近の例では、「一方、小保方氏のパートにはそうしたES汚染の機会がありません。報告書には、そうしたことが想像できるようにしっかり書いてあります。」なんていうデタラメを書いていることを挙げて非難しているのです。これを中傷とは言いません。中傷とは「根拠のないことを言い、他人の名誉を傷つけること。」です。デタラメを書いているという根拠がありますからね。

その次のパラグラフは元に戻って「同じSTAP細胞を支持する人たちによる学とみ子バッシングは何なのかしら?」と「悲嘆にくれる学とみ子」のことが書いてあります。このように、あちこちに思いが散在するのが学とみ子ブログで、なおかつパラグラフの文に意味不明な文があるので、読者は辛いのです。
そして「それでも、学とみ子は学とみ子の考え方を書いています(エライナ)。」と自画自賛の言葉でここまでを締めています。学とみ子の考えがいかにおかしいのかがこれまで擁護の方からも含め何度も指摘されているのに、カエルの面にxxだといわれているのがわからないのです。こういう硬直した頭の方は医師としての仕事をしてほしくないですね。

この次のパラグラフは例によって、何を言いたいのかよくわからないものです。「彼女(小保方氏)の他には、機能の違う細胞同士を凝集させ細胞塊を作れた人はいないのよ。」というのはなんでしょね?”STAP細胞”と言われる壊れかけた細胞とES細胞を混ぜて固めて若山氏に渡したということなんだろうか??意味不明ですな。

そして、ようやくタイトルにある「研究員たちの涙」がでてくるのです。タイトルがこの記事の主旨を示すのなら、ここまで書かれてきたのはなんでしょね?小学生の作文にもあるまじき記事構成です。

「研究員の涙」とは2019-09-24 21:23 Ooboe のことらしく、捏造の科学者(文庫版):須田桃子のp419あたりにあることのようです。この本では桂調査委員会の委員の方々を「調査委」としており「研究員」とか「調査員」と呼んでいません。学とみ子の言う調査員、研究員とは誰のことでしょ?正しい単語を使わないので、ますます意味不明になるわけですな。調査員、研究員が桂調査委員会のメンバーである委員であるとすると、捏造の科学者にある”涙”とは学とみ子曰く「調査員の心は千々に乱れた」ことを示したのではなく、小保方氏の聴取時の態度・行動を見た直後「可哀想になって後で涙が出た」という同情論がでてきたが「後で冷静に考えるとおかしな点があった」としているので、報告書作成時に乱れたわけではないようですな。というわけで、理研のSTAP細胞派が報告書を書くにあたってES細胞では説明ができないことを暗に書き込んだという学とみ子説を裏付ける証拠でも記述でもありませんな。

「もっと議論」というから議論してあげましたが、結果は学とみ子の言い分は否定されましたです。

消費税があがるから…

消費税が上がるし、Mac のOSもバージョンが上がり64bitのプログラムしか動かなくなるというので、使っているMacBookProは Retina 13-inch Late 2013 なので、ちと早いかもしれないけど、新しいMacBook Pro を衝動買いしてしまった。

よく調べもしないで、2.8GHzクアッドコアIntel Core i7、16GB 2,133MHz LPDDR3、1TB を購入してしまった。

ポートが4つあるんだけど、すべてがThunderbolt3 なのだ。USB TypeA コネクタがないのに、Magic Mause2 は電池の充電にUSB TypeA のケーブルが付属している。マウスのケーブルの口は腹面にあるから、充電中は使えない。腹を上に向けてひっくり返ることになるから、ぶざまな格好になる。前のモデルのMagic Mouseと同じ格好にしたので、コネクタは、昔のタイプの電池の場所に付けざるを得ないわけだ。充電中はマウスが使えない。

仕事ではApple LED Cinema Display 27インチを使っている。このディスプレイからは、PowerBook Pro を充電するための電源コード(磁石のコネクタのやつ)、Thunderbolt2コネクタのあるモニターケーブル、USB TypeA のケーブルがあるわけだ。

(http://z3ugma.github.io/2019/03/22/connecting-an-apple-cinema-display-to-a-2017-macbook-with-thunderbolt-3/から)

しかし新しい PowerBook Pro はThunderbolt3だからこのApple LED Cinema Display 27インチを外部モニターとしてそのままでは使えない。なので、Thunderbolt3ーThunderbolt2変換ケーブルをAppleから買ったら、箱に Apple Cinema Displayには使えないと書いてある。とほほ。ちゃんとAppleのページににも書いてあるではないか。
Kimwood USB C to Mini Displayport 変換アダプタミニディスプレイポートDP4K USB3.1【Type C to Mini DP Adapter】(Thunderbolt3と互換性) 2017/2016 Macbook Pro 2017 iMac ChromeBook Pixel Galaxy S8/Note 8

てのを発注したけど使えるかな?一応レビューを読んで 27インチApple Cinema Displayで使えたとあるんだけど。[ 追記 ]2019/9/27 使えました。

[ 追記 ]  シネマディスプレイから電源を供給するためにはELECJET AnyWatt MS タイプ C アダプター USB C Magsafe1&2 交換アダプター 充電器 MacBook Pro/Air/他のすべてのUSB C デバイスと互換性あり ブラック

が必要である。電源アダプタを使わないのならこっちを購入することになる。購入してしまった。

USB TypeAコネクタの機器があるわけで、これと接続するためのアダプタが必要になるUSB C ハブ Macbook Pro対応type c usb ハブ Thunderbolt3、USB Type-C、USB3.0x2、SD/MicroSDカードリーダー、4KHDMIを追加するアルミニウムusb type c ハブ (シルバー)

を購入した。Thunderbolt3 のHDなど高いので、安いUSBのHDが使えないと困る。これは見てわかるようにケーブルでPowerBookに接続するのではない。また別の場所で、無線APがなく有線だけだとか、プレゼンするためのプロジェクタ接続が必要になる時があるので別途プレミアム USB-Cハブ 9-in-1 Type C ハブ(87WPD出力対応)【4K HDMI ポート/ USB 3.0ポート×3 / SD/microSDカードリーダーポート / LANポート1000Mbps / 3.5mm ヘッドフォンジャック / USB C Power Delivery

なんてのも購入するしてしまった。その後気がついたのだが、最近のプロジェクタはHDMI入力があるのだが、古い奴だとVGAしかない。だからHDMI-VGA変換アダプタ、あるいはThunderbolt3-VGAアダプタが必要だ。

USB C ハブ Type C ハブ – 1台9役【最新版】USB C 60W PD充電 HDMI 4K出力 VGA 1080P出力 LAN(1Gbs) 3.5mmミニジャック USB3.0ポート×2 SD TFカード対応 MacBook/MacBook Pro対応 (グレー)

の方が、HDMIもVGAもあるので良かったけどもう遅い。6千円と4千円の違いだが安い方はHDMI-VGA変換器が必要で、この変換器、HDMI to VGA変換アダプター HDMI オス to VGA メス 金メッキコネクタ搭載 高速 1080P対応 3.5mm 音声出力 USB供電 対応 オーディオケーブル + USBケーブル 付き モニター、プロジェクターPC、DVD、HDTV用

は千円位だから合計は安くなるけど部品数が多くなってしまう。

仕事場では付属の電源アダプタ 61W USB-C電源アダプタ

を置きっぱなしで使うことにし、持ち運びに用は小型の電源アダプタ RAVPower 61W USB-C 急速充電器(世界最小最軽量クラス/2019年9月時点)【GaN (窒化ガリウム)採用/折畳式/PD対応】iPhone 11/11 Pro/XR/8、GalaxyS10、MacBook Pro、iPad Proその他USB-C機器対応 RP-PC112(ホワイト)
Kaweno USB Type C ケーブル 1m USB-C & USB-C ケーブル【USB3.1 ケーブル Gen2 PD対応 100W/5A急速充電 】タイプC ケーブル ナイロン編み Nintendo Switch / 4k TV/MacBook/Xperia XZ/Galaxy S8 S9, Note 8 / iPad Pro、MacBook Pro/Matebook/Nexus 5X 他Type-C 機器対応(1M) を購入した。

が旅行で持参するのを忘れ、出先の電気屋でエレコム USB-Cケーブル C-C 1m USB3.1Gen2 認証品 PD対応 5A出力 ブラック USB3-CC5P10NBKを購入する羽目になってしまった。

多分、両端が USBーCtype のケーブルならどれでもいいのでは。

これらの電源アダプタを、従来の PowerBookのように電源コネクタを磁石付にして取り外しが楽になるようにするためにはUSB C to Macbook 磁気 アダプタ、Stouchi タイプC マグネット アダプタ type c to type c 4.3A・87W高速充電 防水防塵 -Macbook Pro、Huawei 、Xperia 、iPad Pro 2018、HTC などのUSB Cデバイスに対応 (銀)

てのが必要になる。これはThunderbolt3(USB-Ctype)のコネクタを磁石式に変換するアダプタで上写真の右の部品がPowerBooknに挿したままになることになる。

こっちは余計な買い物で同じ電源アダプタでiPhoneを充電するためのケーブルだ。不必要だった。
Apple Lightning – USB-Cケーブル(1m)

を購入した。

最初に火を入れると、使う言語とかいくつかの設定の操作があるのだが、Apple ID も設定することになっている。あとからやっても構わない。アップデートとかに必要なので、最初から設定したほうがいいに決まっている。そこで設定しようとID、パスワードを入力すると、確認の6桁の数字が、すでに登録済みのMacあるいはスマホに送られてくるので、これを入力しようとするが入力できない。入力した数字が表示されないのだ。確認番号が送られてくるのでID、パスワードに誤りはないわけで、入力できない理由がわからない。通常は6つの数字を入力しただけで、エンターキーを押さずに次のステップに進むわけだが、入力できないので、諦めた。

Apple Store を起動して再度ログインを試みたのだが、今度はなんだかわからん小さなウインドウがでてきて、このウインドウに入力した数字が表示されたりして、結局、確認ができず、ログインできなかった。再起動したり何回も繰り返したから、もっと時間を開けてやれということになって受け付けてくれなくなった。むかつくな。あす、電話で問い合わせしながらトライするとした。

しかし、明日になったら、簡単に承認されてログインできるようになったのだ。なにがおかしいのかわからない。

こういうのをAppleにクレームをつけてもAppleはまともに対応しないからな。

さて、アプリをインストールしていくわけだが、64ビット版しか入れないことにする。もうすぐOSはCatalinaになるからな。

というわけで、PowerBook本体もそこそこの価格なんだけど、必要な付属品を揃えたら結構な価格になってしまった。とほほ….

 

 

牛丼

実は先日の女子会の手まり寿司の具に牛肉のたたきがあったんだけど、魚介類で十分で、寿司飯のほうが足りなくなるくらいだったこともあって、冷蔵庫からでてくることがなかったのね。そこで、今晩の夕食はこれを使った牛丼

になったのです。
ご飯を盛って、のりを散らし、牛肉のたたきのスライスをのせ、おろしわさびをのせ、醤油、酒、みりんを煮詰めたタレをかけます。万能ねぎがあったらそのみじん切りをちらします。

女子会−9月

恒例・女子会です。
今回は、いつもの女王様二人と3名のお子様連れの家族が参加。

前菜

カマンベールのフライ、山芋のスモークサーモン巻、鶏手羽の煮こごり。煮こごりはゆるくて盛り付けのとき崩れちゃったのです。中に枝豆も入っています。

サラダ

レタス、きゅうり、ミニトマト、二十日大根、カニカマ、粉チーズ、レモン汁、オリーブ油、胡椒

お造り

ぶり、まぐろ、アジ、サーモン

イベリコ豚のロースト

粒マスタード、バルサミコ、醤油、蜂蜜、白ワインを煮詰めたソース

鯛のパイ包み焼き

パイ皮で生ハム、鯛、雲丹を包み、黄身を表面に塗って200℃オーブンで20分。ソースは白ワインにコンソメ顆粒、生クリーム、スライス・マッシュルームをひと煮立ちさせて添える。チャービルを散らす。

手まり寿司ーお子様用

イカにきゅうりと二十日大根小口切り、ホタテ貝柱、アジ、マグロ、エビ、ミズタコ、ゆで卵マヨネース和え海苔巻。子供らがどんどん食べちゃったあとの写真です。どうやらイクラをトッピングしたのがお気に召したようで、最初になくなってしまったとのことでした。シェフは調理中で見ていない。

手まり寿司ー大人用

えび、まぐろ、アジ、ホタテ貝柱、雲丹、鯛、イカきゅうり発芽大根

抹茶アイスクリーム+マスカット添え

コーヒー
というコースでございました。
お寿司を握った一名の女王様、お疲れ様でした。

コメント受け付けるなんて嘘はやめたら?

学とみ子の新しいFC2ブログの最新記事「ES細胞から作られたというのは、遺伝子調査では明らかにできない!との結論です。」はタイトルと本文が一致しないというこれまでの方針と全くかわらない、インチキ記事です。

この記事によると「当ブログにいただいたコメントの処理について、STAP擁護論ならコメントアップし、ES論者ならコメントアップしないということではないことをお知らせします。」とのことですので、早速コメントしてみました。

そしたら「書き込み制限を受けています」と返ってきました。どうやら当方からのコメントを禁止に設定したんでしょうね。

大嘘つきですな。はっきり、当方がその低俗性・品のなさから「mjもんたのコメントは検閲する」と宣言したように、理由を述べて「ため息からのコメントは受け付けない」とはっきり宣言したらいいでしょうが。サイテーな嘘つき女医ですな。

コメント受け付けなくても、当方へは毎日おいでになっているので伝わるでしょう。以下のようなメッセージですよ。

>学とみ子さん

デタラメを書かないでください。
学とみ子曰く「もはや、ES論を支持する本当の専門家はいないと思います。」
桂調査委員会・BCA論文の結論「STAP幹細胞はES細胞由来である」を否定する専門家がいるのでしょうか? 否定している専門家とは、どなたで、どこでそのような発言をしたかを明示してください。学とみ子さんの妄想でしょ。

桂調査委員会の報告書のどこに「STAP細胞の多能性証明の責任はすべて若山氏の実験結果であるとの結論」が書いてあるのでしょうか?嘘を書かないでください。

論文は撤回され、STAP細胞の存在は証明されていません。その後、誰もSTAP細胞の作成に成功していません。したがって、ES細胞と「どこがどう違うとかの議論」は不可能です。ES細胞が混入したのが論文のSTAP幹細胞であるという報告があり、著者等が異議を唱えていないわけけで、撤回された論文のどれが”主張するSTAP細胞”でどれがES細胞由来細胞なのかは第三者にはわかりません。したがって、撤回された論文のデータを第三者が比較・検討することは不可能で無意味です。

”科学的な議論”とおっしゃるのなら、根拠のない”想い”だけの発言は慎むことですね。

自分のコメントしか開示されないという2019.9.16の魚拓


Ganoderma lucidum (さるのこしかけ?)

停電

千葉県の停電 2019.9.10 18:34 現在
 http://teideninfo.tepco.co.jp/flash/index-j.html
千葉県全体で、540,700軒だそうです。
そして、かの方のご自宅が、潰れたクリニックと同じなら、その地区の停電は約500軒となっており、ブログの更新などやっている場合ではないのかもしれませんね。

ま、停電の方々には失礼して、

牛たたきのひつまぶしなどはどうでしょ?雑談コーナーでは当方の行為をひまつぶしといっているようですが、そしてそれは事実なんだけど、ひつまぶしですよん。牛肉を表面だけ焼き、万能ネギの小口切りをびっしり敷き詰めたご飯の上にのせ、おろしわさびを載せ、醤油、みりん、だし、砂糖を煮詰めたタレをかけます、半分くらい食べたら、だしをそそいでお茶漬け風にします。

台風一過

台風15号は夜中駆け抜けていき、あちこちに被害をもたらしましたが、皆様の所はどうだったでしょうか。当地は、当方が歩いて見た限り大した損害はなかったようです。

未熟な栗が落ちていたり

銀杏が大量に落ちていたり

どんぐりが散らばっていたり

そして、他所様の敷地なんだけど通路として使っている小道に倒木があって歩きにくくなったり

というような程度でした。

当方が歩いていない所では、倒木のため停電とか、瓦が飛んだとかがあったようです。

台風15号

15号、直撃だな。

https://earth.nullschool.net/jp/#current/wind/surface/level/orthographic=-217.34,35.77,2646/loc=144.080,33.588

明日は休講になるかもね。

2019.9.9 (月)AM8:30
午前中は休講になった。昔は、休講になったらそのまま、なんだけど、今はどっかで補わないとまずい。授業料を払っているのだから勝手に休むなというのが学生ではなく学生の保護者の当然の言い分だ。

引っ越しの結果

なんだか引っ越し先のブログでは、学とみ子はコメントを管理しきれず、”誤って”消したりしています。多分、これまでのように権力の行使というこれまで持ったことのない”力”を捨てたくないので、コメントは承認制にしたいんでしょうけど、まだできないようです。

タイトルの意味がわからず、自分の名前を書き、コメント投稿者名の方に「学とみ子」をこれまで通り使えはいいのに katura1 とかを使っています。

(前の記事のコメントが100件に近づき、これを超えると折りたたまれちゃうので前の記事はコメント受付中止にしました。この記事にはこの後何かを書くつもりですが、続きのコメントはこちらの記事にどうぞ。)

どうやら学とみ子はテンプレートに rapid2_white てのを使っているようですが、これはそのhtmlやスタイルシートを変更することができないテンプレートです。ですからPC版ではタイトルの横に本文の中に絵があるとそれが拡大・縮小されて提示されるのを変更できないとか、カスタマイズできませんね。もっともカスタマイズする能力もないからいいでしょうけど。(2019.9.6 11:58 加筆)

この学とみ子の採用したテンプレートは、投稿年月日までで時分は表示されません。これを表示させるためには
<%topentry_year>/<%topentry_month>/<%topentry_day> <%topentry_hour>:<%topentry_minute>
のような記載をHTML編集で、適当なところに挿入する必要がありますが、このテンプレートは編集できないので使えません。他のテンプレートだと、そもそも年月日時分が表示されるようになっているかもしれません。
コメントの通算番号も、表示されないようでしたら、どっかに <%comment_no>なんてのを挿入するんでしょうな。<%comment_mail+name>なんてのがあると、コメンテータが入力したメールアドレスがバレちゃうので<%comment_name> にするとメールアドレスがリンクしていないコメンテータの名前表示になるようです。
などなど、見てくれが独自のブログが作れそうですな。(2019.9.6 16:35 加筆)


hibiscus