sigh のすべての投稿

正々堂々の書き込み

間抜けでクズ、最低、幼稚性、卑劣、人間性がない等々の罵声発言しかできないmjもんた君とは付き合う気がさらさらないのですが、当ブログ管理人を誹謗中傷することは許すことができません。かつては管理人を人殺しといい、今回は当管理人は「小保方さんが生きている事が嫌」であるとしています。この後者のいわれもない中傷に抗議をすることを含め、mjもんた君の記事を、おせっかいですが、添削してみました

その結果、mjもんた君は自らのブログで罵声を発したあと、「正々堂々の書き込みをお待ちしています」とコメントしています。

mjもんた君が当方に、罵声や下品な言葉抜きのコメントしてくれるといいのですが、自分の土俵で議論したいのはよくわかります。当ブログ管理人でもそうですね。コメントしたこともないのにアク禁にすると言った研究者や承認判定の基準のないブログにはコメントしたくないです。

しかしコメントを待っているというのでコメントしてみました。昨日(2018.4.24)午後5時半頃です。

>mjもんた殿

貴殿の空疎なブログへのコメントはしたくないところですが、コメントをくださいとのことですので、あえてコメントしてみます。多分このブログへの初めての第三者のコメントでしょう。それはさておき、当方のブログへの反論をするのなら、当方のブログを読み、理解してからにしてくださいね。

感想文 書き方 などで検索してください。当方のブログの記事の青字の部分に該当することが書いてあるでしょう。
例えば「読書感想文の書き方の簡単なコツ パターン通りにスラスラ書ける ttps://kagayaku3.com/691.html」には「なぜこの本を選んだか理由を書く」と言う項目があります。これは小生が青字で指摘した(何故購入し読んだのかその理由をここで述べる)と一致しますね。小学生の感想文ではないのですから、それなりに書かないとね。青字で指摘した部分を加筆すると立派な感想文になると愚考しております。

貴殿が当方のブログの該当記事にあると主張する貴殿に対する「事実無根の誹謗中傷」とはどの部分でしょ?「これは犯罪に等しい行為」とする根拠はなんでしょ?

当方は、貴殿の「管理人氏は、小保方さんが生きている事が嫌なのか酷い記事を書いています。」という発言が誹謗中傷だと書いています。「小保方さんが生きている事が嫌」などとはは思ったこともないし、書いたこともないからです。当方のブログのどこにこのようなことが書いてあるのでしょうか?なければ謝罪してくださいね。

さて、正々堂々の書き込みをしました。罵声ではない返事を、できたら当方のブログにお願いしたいところですね。何度も言っていますが、貴殿のブログのコメントにあるような罵声や念仏、悪態は黒塗りにしますが、そうではない議論の部分は掲載しますからね。

翌日である今朝(2018.4.25)朝7時現在、反映されていません。mjもんた君に何か事故でもあったのではと心配するところですが、学とみ子さんのブログに2018/4/24(火) 午後 9:58にコメントしているところ見るとご健在のようです。

さて、何故、当方のコメントをお待ちしているというのに、当方のコメントが掲載されないのでしょうか?

何故、mjもんた君のブログに拙ブログ管理人のコメントが反映されないのか?

View Results

Loading ... Loading ...

その他としてどのようなことが考えられるか、コメントをください。適宜、選択肢を加えます(正しいカウントにならないですが、構いません。3ケまで選択できます)。

ちなみに、今朝(2018.4.25AM6)にも再投稿してみましたが反映されてませんね。

[ 追伸 ] 2018.4.25 朝
>mjもんた君
盗用、剽窃、無断引用、引用、コピーペースト(コピペ)、転載のそれぞれの違い、どれが許され/許されていないかをきちんと認識して使いなさいね。ミラーサイトという言葉も正しく認識しなさいね。

>ここに来られた方々へ
弱い者いじめだと言う声があります。そうだとも思いますが、中傷されたのを無視するのも業腹なのでご理解くださいな。

[ 追記 ] 2018.4.26 朝

m より:  2018年4月25日 11:27 PM
ため息の最新記事を見たがこのクズ、どこまで低能なのか!
こちらの管理人さんは元より、もんたさんや瀧さんは是非この馬鹿を「メルマガ」等で追及してもらいたいと思います!
ほんと、腐ってる。

がご返事のようで、ご理解できないようですので、謝罪要求を諦めたわけではありませんが、これ以上追求しても罵声以外の何もでてこないでしょうな。”瀧さん”という新人がでてきましたな。だれ?別ハンドル名?

感想文の添削

小保方晴子の現在!!小保方日記の内容とは!?  2018/4/21 という感想文を添削してみました。多分、だれも読まない感想文ですが、今日は、都合でちと早く出勤する必要があり、その仕事が終わって暇ができたので。

########################################

小保方晴子さんが、婦人公論で連載していた日記を単行本として再編集し出版しました。この日記は理研を退職した後の650日間をまとめた綴ったものです。今日は、その「小保方晴子日記」の読後感想です。

実は、管理人は婦人公論なる雑誌に掲載された記事を一度も読んだことが無く、小保方さんが連載している事はネットの情報で知ってはいましたが内容についてはほとんど知りませんでした。瀬戸内さんとの対談も、ネットの情報でしか知りませんでした(興味があったにも関わらず何故これらの原文にアクセスしなかったのかの理由をここで述べる)。そんな管理人ですが今回、(何故購入し読んだのかその理由をここで述べる)この日記を読み強く感じた事は、彼女はこのような仕打ち(世間?マスコミ?理研?誰からどのような仕打ちを受けたか例を挙げるとかして具体的に説明する)を受けるほど酷い事をしたのかと言う疑問です(彼女が科学界、マスコミ等から批判されたのは事実なので、その批判が妥当でないとmjもんた君が判断したことを記載しないと、mjもんた君が疑問を持ったことの理由がわからない)

正に、彼女は想像される生き地獄と言える想像をはるかに超える内容生活を強いられました。普通に物が食べれてを食べる事ができて、行きたい所に行けて誰に怯える事も無く普通に暮らせると言ういう人間ならば普通に認められる人権(人権は人間対象だから「人間ならば」は重複するので削除)を踏みにじられさぞや辛かった事だと思います。でも、きまぐれ先生をはじめ彼女の理解者が身近にいてくれて本当に良かった。これらの人たちがいなければ、彼女も確実に命を絶っていただろうと思うとぞっとします(どのようなサポートがあったから自殺することがなかったかを、日記の記述を基に具体的にあるいは例を挙げて記述する)

今後、彼女がどのような道を歩むにせよ、心から応援したいと思います(何故、どのように応援するのか理由と手段を記述する、そうでないと単なるおべんちゃらと思われてもしょうがない)

以下2つのパラグラフは日記の感想文とは関係がないから削除するか、感想文には関係のない旨の断りをいれて記載する。

アマゾンなどでの評価は高いようですが前作の「あの日」に比べると今の所、勢いは、やや無レビューの数は少な(勢いとは増加率とかで示されるような値で、レビューが少ないから使えない)いようです。ただ、いくつかのレビューはとても分かり易く、的を得的を射(得るのではなく射るが正しい)ていると思います(レビューのページのURLを記載し、例えばどなたのレビューなのかを明示する)。どのような問題でも一定数の批判者はいるわけですが、中には酷い人も見受けます(例えばどなたのレビューなのかを明示する)(だから、このパラグラフで言いたいことは何なの?)

以前、アップしたこちらの記事
●stap細胞の真実!小保方批判者の幼稚性とその人間性を考えて見ました
での管理人(管理人とすると、前出の管理人はmjもんた君のことだから別の名前にしないと混乱する)氏は、小保方さんが生きている事が嫌なのか酷い記事を書いています(引用した”管理人”が「小保方さんが生きていることを嫌っていると」と発言している根拠を記載する。根拠がなければデマを撒き散らしていることになる。 plus99%さんにスピン屋と言われないためにもね。拙ブログ管理人を嫌いなようですが、今回の記事とは関係ないでしょ。このパラグラフは、悪口を言いたいでしょうけど、関連のある内容ではないから削除しなさいね

また、サイエンスライターの粥川準二氏はYahooニュース(リンクを記載する)でのコメント数を引合いにだそれが「一般大衆の声」だと言わんばかりに批判しています(もし、該当記事が粥川準二氏の「STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?〈AERA〉」 ならば、粥川準二氏はこの記事で自身の記事へのコメントの数を一切問題にしていない。デマを書いてはいけない。「この記事へのコメントの数をもって一般大衆の声とする」と記載した文献をここに引用する。)Yahooニュースでのコメントは自分も見ましたが、そのほとんどが、5chの書き込みと同等レベルのもので、セクハラとしか言いようのないコメントまで有り、これをもって「一般大衆」とは、如何なものかと思います。日本の「一般大衆」とはこんな下品な民族なのかと聞きたいですね(誰がコメントしている方々を一般大衆と言ったのか不明なので、批判対象をmjもんた君が勝手に作った(藁人形)と思われてしまうから、誰が言ったのか明示する。5Chan等での匿名発言だったら引用してもしょうがないからこの部分は削除する)

★まとめ
この単行本は、あの日(この場合”あの日”は固有名詞なので「 」でくくる)とセットで読むとより分かり易いです。基本的には小保方さんやstapSTAP(固有名詞なので原著に忠実にする)細胞に興味の無い方にはお勧めしませんが自分は人生のどん底にいると思っている方には、参考に成る部分も多々あるのでお勧め致します。(何故、STAP細胞への興味がある落ち込んだ方へ勧めるのか、あるいは何故興味がないが落ち込んだ方へは勧めないのか、そして具体的にどのような点が参考になるのかを記載する)

落ち込んだ人を助けるための著作ではないと思うので、筆頭著者が何故このような日記を出版することにしたのか、mjもんた君自身の推論・妄想でもいいから記載してくださいね。それが他の方と異なるmjもんた君のユニークな感想文になるための肝ですからね。

最後に”落ち”とかユーモアがあるともっと素晴らしい感想文になるでしょう(が無理することはないですよ)。

##################################

評価:100点満点で20点
その理由は、日記に記載されていることを具体的に引用して書いた部分がないので、本当にこの日記を読んで書いた感想文なのか疑わしいからである。読んだとしても、ただ眺めただけで、日記を読む前からmjもんた君の頭の中にあること(妄想)を、根拠なく繰り返し記載していると判断されてもしょうがないだろう。
繰り返すが、感想文なので、mjもんた君が思うこと(妄想でもいい)を書くのはいいが、その根拠となる日記からの引用を必要とします。
粥川氏はコメント数を議論していないと思われる。したがって、この部分の記述は嘘だと思われるが、その根拠がわからないから正しいか嘘かを決めつけることはできない。

つまり、他のブログでのコメント同様、根拠を示すことなく発言するので、他の方の同意を得ることはできないコメント・感想文になってしまっているのです。

mjもんた君、最近はコメントしないけどアクセスしているからこの記事も読むでしょ。最後までゆっくり読んで、屁理屈などとは言わず、反論してちょうだい。いつもの罵倒する言葉や引きつった笑いがなければ検閲せず掲載しますからね。

青字で指摘した部分を加筆すると、行間を開けて文字数が多いように見せかけた A4版1枚にしかならなかった原文が、行間を空けることなくA4版2枚にはなって、スペースを必要としているらしいアフリエイト・ブログ・ページを埋めることができますよ。

こうやって自分の学生でもない、大の大人の書いた文書を、頼まれもしないのに添削するというのは、はなはだけしからんことです。傲慢でしょう。しかし、mjもんた君のこれまでの拙ブログ管理人に対する言動、および今回の「拙ブログ管理人が『「小保方さんが生きている事』を嫌っている」というデマを撒き散らす行動から文句は言えないのではないかと思っております。他の方の、この添削することについての是非ではなく添削内容についてのご意見があればここにコメントしてください。

mjもんた君のブログのページビューが増えたら感謝してね。

[ 追記 ] 2018.4.24
mjもんた君は予想通りアクセスし、この記事について悪態を自身のブログのコメント欄に書いています。この記事を読んで理解してのコメントではなく、いつもの罵詈雑言です。こっちにきて反論すればいいのですが、彼のブログでの自己レスと同じ罵倒と引きつった笑いだけのコメントでしたら当然検閲され黒塗りですね。反論できないからしょうがないですね。この記事の何処がmjもんた君に対する誹謗中傷なんでしょうかね。感想文の書き方を教えてあげているのに、心外ですな。当記事は、mjもんたの記事の無断引用ですが、mjもんた君とは異なり、きちんと引用元を記載し、引用部分を主文と区別し、明示していますので問題ないと思っていますよ。そもそも引用しなければ書けない記事ですからね。

しかし、狸先生…ねぇ

シュレディンガーの狸 このブログがなぜ”シュレディンガーの狸”と名付けられたのか、それは誰も知らない。
というブログは知る人ぞ知る楽しいブログです。当ブログでも話題にしているし、時折、拙ブログを引用していただいている。このシュレディンガーの狸さんについては、ご自身がブログに記載していること以外は、極親しい人以外全く知らないと思う。

ところが、いつの間にか学とみ子氏は、当方の以前の記事にコメントされた方々が指摘されたように、シュレディンガーの狸さんを「生物学の業界では名前の知られた有名な学者」と推測し「狸先生」にしてしまった。どうしてこの女医はラベルを貼りたがるのでしょうか。身分、性別、職業でしか評価できないからなんでしょうね。

このユニークなブログの内容を全く理解できないというのはどういうことなんでしょうね。ブログタイトルの意味がわからずWiKiで検索してお手上げと告白してどうする?

それにしてもひどいのは「STAP細胞は「多能性」を有するが、増殖性が低いため、既存の多能性細胞から作られるようなテラトーマやキメラマウスは作ることができない。」のコメント;

2018/4/21(土) 午後 7:26 学とみ子
実験担当者の裁量は大きいのです。実験担当者にとって都合の悪いものは隠す事が出来ます。実験担当者は全部出したりしません。

2018/4/21(土) 午後 10:11 学とみ子
実験の結果については、実験者の裁量権は大きく、実験者はどのマウス使ったとか、論文記載とは違うマウスをつかったとかの言い訳はいくらでも可能です。実験者が作ったストリーに合わせて、実験材料とその結果をとりつくろうことができるのです。今回の小保方氏がこれだけ不利なのは、実験をやった人が若山氏だからです。

ですね。
「実験担当者にとって都合の悪いものは隠す事が出来ます。」と言い切っていることですね。このコメントでの「実験者」とは若山氏のことのようですが、桂報告書によれば、(STAP幹細胞等の標本の)作製後の解析を行ったのも大部分が筆頭著者だった(p30)わけで、このコメントの実験者を筆頭著者としたら、この女医さんの論旨はどうなっちゃうんでしょ?

これでは、ご本人の論文もそうやって共同研究者にすべてを明らかにすることなく作成したと思われてもしょうがないですね。博士論文は「Clinical observations on the lower respiratory tract infections with special reference to serum IgE levels 」で、博士論文(学位授与年月日1990-03-09)は当然単著ですが、同一内容の論文を雑誌発表したのが「Nagayama Y, Sakurai N. Clinical observations on lower respiratory tract infections with special reference to serum IgE levels. Pediatr Pulmonol. 1991;11(1):44-8.」ですね。しかし、当時は博士論文と雑誌投稿論文の区別があいまいだったとはいえ、論文タイトルが the の有無の違いだけというのもすごいですね。臨床実績がある方でしょうから、履歴書・業績目録に記載するとき同じタイトルの論文があっても誰も問題にしなかったんでしょうね。PubMed で、お名前と IgE で検索すると、少なくとも共同執筆の原著論文が4報あり、すべてで、筆頭著者ですね。筆頭著者なので、ご本人が実験なり観察を主に(というか、当時の医学部の臨床の論文ですからほとんど)行ったと思われます。論文ストーリー上問題になるようなデータは共著者に隠しちゃったんでしょうね。

しかし学とみこ氏から

狸先生へ、
丁寧で示唆に富む解説を本当にありがとう。

狸氏の文章からわかるように、狸氏は小保方氏の理解レベルを想像しながら、そこを含めて解説しています。

と褒められた狸さん、その心境をお察しします。

[ 追記 ]
狸先生は「先生と言われるほどの馬鹿でなし」とお答えになっています。「狸氏がアンチ小保方だと思うようでは、このブログの理解が足りない。狸氏のブログをSTAP教科書と読むべきである。」というのだから、今度は誤解せず読んでくれるのでしょうかね?あるいは教科書に従ってくれるでしょうかね?

Macのアプリ、64bitでないと動かなくなるだろう

32 ビット App と macOS High Sierra 10.13.4 の互換性ということで、High Sierra(10.12.4)では32bitのアプリは、最初の起動時に

と表示され、そのうち使えなくなるかもね、とのご宣託が出現するようになった。2018/04/18かららしい。一回だけのご宣託だから、そのうちわすれちゃう。

メニューのリンゴのプルダウンから このMacについて を選択し、

出てきたウインドウの システムレポート をクリックし

▼ソフトウエア の アプリケーション を選択し、アプリケーション名 で調べたいアプリケーションを選択すると

64ビット (Intel) が「はい」と表示されていれば 64 ビット版、「いいえ」と表示されていれば 32 ビット版である。

そのうち32ビット版はAppleがサポートしなくなるのは目に見えている。いまのところ何時になはるかわからない

 2017年09月25日
▶32-bitアプリをフルサポートする最後のOS「macOS 10.13 High Sierraを」リリース。
2018年01月
▶Mac App Storeで公開する新しいアプリは64-bit化が必須に。
2018年06月
▶Mac App Storeに存在&アップデートするアプリに64-bit化を必須に。
018~2019年秋
▶macOS 10.14/10.15で32-bitアプリのサポートを終了?。

らしい。んが。今使っているAdobeの製品はすべて32bit版で、こいつらは高価なんだよね。

もういい加減に目を覚ましたら?

筆頭著者はその著書のはじめに擁護の方々のサイトを挙げ謝辞を述べている。これに舞い上がった筆頭著者信者の方々は、そのブログで、記者会見や著作に感涙したことを述べ、桂報告書のあそこがおかしい、MATがないのは不法だ、調査対照のサンプルの保全方法がおかしい、サンプルのラベルがおかしい等々議論し、筆頭著者の反撃を待っているわけだ。しかし、冤罪だ、マスコミ、科学村の掟が悪いといくら述べても、筆頭著者は反撃に出ることはないし、信者の方もクラウド・ファンド等を立ち上げサポートすることも決してない。

手記では、調査委員会に研究実態を示すメール等がありこれを提出しようとしたが取り上げてもらえなかったと書いたわけだが、そのメール等を公開することもない。次の日記でも、事件について、具体的な冤罪であることの証拠を出すわけでもなく、この処置は文科省が絡んでいることを示すメールがあると主張するものの、その根拠となるメールを公開するわけでもない。公開したら、あの小学生夏休み日記なみの驚愕なものになるのかもしれない。手記でも日記でも、匂わせることはするが、その根拠を示すことはなく、博士論文を公開すると宣言したにもかかわらず実施されることはないし、公開しないことについての説明もない。自らも認めた不正行為については、本人の頭の中の思い出すことのない場所に押し込められてしまったので、信者の方々はなんらかの説明あるいは反撃があって欲しいと思うものの、なんら説明されることはない。

筆頭著者は信者の方々に期待を持たせるような著作を書き、そして、素直な信者の方々は、本人からの反撃は何時なのかと淡い期待を持っている。信者の方々は、これからそのような行為がなされることはありそうにないことを、うすうす気がついているが、騙されたとはプライドが許さないからいつまでも、ネチネチとあきらめれない。筆頭著者はすでに科学の世界で生きることはあきらめたように思えるのだが、そうだとするとこれは筆頭著者だけではなく、信者の敗北にもなるから、これまでいきり立って走ってきた信者にとっては許せないのだろう。

信者の方のブログ等は、もはやそこにあるだけで、活動があるのは、認識力に問題のある方のブログだけで、ここには”アンチ”と信者が呼ぶ方々が、それは間違いですとコメントするから活動があるように見えるだけで、何ら進展があるとは思えない。”アンチ”の方々が諦めてコメントしなければ、説得力のないブログなので静かに沈殿するであろう。もう一つの特許に期待を寄せているブログもある。しかし、もはやSTAPとは言えない特許申請になってしまったのを自覚していても、口が裂けても騙された、諦めたと言うわけにはいかず、困っているのではないだろうか。その他のいわゆる擁護のブログ・FBでは、あたかも沈みゆく船が最後の泡を水面に解き放つかのような発言があるだけだ。

自沈した信者のブログも過去にあったが、この倒れたブログ主を介抱する運動はまったくなかった。信者は冷たい。

もはや、STAP細胞・STAP幹細胞の存在は証明されていないというのが広く認められている。STAP現象を肯定する研究者を、少なくとも管理人は知らない。そのような研究者がいるのなら教えてほしい。いうまでもなく武田某教授は、奇を衒う発言を生業にしているので除かせてもらう。いや違うあるのだ、ES細胞が混入したが筆頭著者がやったのではない、筆頭著者の部分はすべて成功したのだ、STAP細胞を潰したのは陰謀だ等々の妄想のみ信者の頭上を駆け回っている状況で、STAP現象の証明の見通しは真っ暗としか思えない。

信者の方々には筆頭著者からなんらかの利益があったのだろうか?利益とはほんの一部のゾッキ本を書いた方には金銭的なものだが、その他の多くの散々非難されてきた信者にとっては、さすが筆頭著者、素晴らしい発言だ・行為だ、どうだアンチの奴らはぐうの音もでないだろうと溜飲をさげるような精神的な優越感のことだ。何人かの信者にとってはグラビア写真がそうかもしれないが。

もう騙されたことを認め、夢だったとしてもいいから、あきらめて、ひっそりお引き取りになったらいいのではないかと思うところだ。すでにそういう方もおられるようだからね。

そのうちiPS細胞作成方法とは異なった細胞の初期化の方法が開発されるかもしれない。そしてその方法が幻のSTAP細胞作成方法に類似するかもしれない。しかし、撤回されたSTAP論文が引用されることはないとあきらめ、もし、そのような論文が発表されたときは信者の方々はひっそりと自己満足のお祝いをすればいいのだ。

桜は早かったけどツツジもだ

近所の遊歩道のツツジ。いつもは5月の連休の頃という印象があるのだが、もう満開だ。

中古マシンのサーバが遅いのか、回線が遅いからなのか、ちと大きな写真は遅い。最新とはいえないけど新しいサーバ機がavailableになったので更新したいが、できるだろうか?

来週は遊びに行くのだが、行先の花とか緑はどうなんだろな。

皮肉が読めない…

学とみ子氏の「遠藤氏も指摘するように、若山時代につくられたChIP-seqサンプルでSTAPが単一細胞を示すのはおかしいということです。」の記事で、この女医さんは;

シュレディンガーの狸さんのブログは、若山ねつ造説を説いてるんですよ。大変な皮肉か?と思うのですが、体内時計さんはそうした反応をしていません。あれ?

と記述しています。最後の 「あれ?」とはなんでしょ。
想像するに、体内時計さんにはこのブログの「日本語でも英語でも同じ方の書く文章は…」のコメント欄で拙ブログ管理人が「シュレディンガーの狸さんのブログを読んで一息してくださいな。」といったところ、

体内時計 2018年4月10日 9:39 AM
記事の内容もさることながら、コメント欄に朝から爆笑しました。
このブログにコメント欄があったのですね。記事の下に、他の記事がいくつも載っているので、わかりにくかったのですが、他の記事も改めて読ませていただこうと思います。
こういう風刺的な記事やコメントを書ける方って尊敬します。

と反応したのを読んだのでしょうかね?いや、そこまでコメントをフォローしていないのかもしれず、これより前の体内時計さんのコメントを読んだからかもね。

2018/4/15(日) 午前 0:03 [ STOP細胞 ]
学さま、またあなたの認知機能が…って言われますよw

2018/4/15(日) 午前 1:05 [ STOP細胞 ]
狸さん(あなたが引用しているであろう3月29日の記事)はあなた達をおちょくってるだけなのよ、と教えてあげたかったけど、もーえーわ。

と「若山ねつ造説を説いてるんですよ。」なんて書いたもんだから、傍から言われています。

レター論文は、ねつ造実験が多く載っていると言ってしまったのです。そして、桂調査委員会は、その多くの重大ねつ造を見逃したということになります。」という記事のコメントでは;

2018/4/14(土) 午後 7:27 学とみ子
(シュレディンガーの狸さんは)STAPについては若山氏の責任を追及しているスタンスです。

と発言しちゃいました。ここでは;

2018/4/14(土) 午後 7:56 [ お話にならない ]
シュレディンガーの狸のどこをどう読めばそーゆー解釈になるんですかね?

やっぱりあなたは読解力にかなり問題がある

2018/4/14(土) 午後 10:47 [ お話にならない ]
石塚さん(シュレディンガーの狸さん:管理人注)の皮肉は高尚過ぎて学さんには伝わらない

と批判というかバカにされてます。

さらに

2018/4/15(日) 午後 1:06 学とみ子
この先々、狸さんがどのような趣向の記事を書こうが、今回の本ブログをこのような簡潔な文章でまとめてくれた事に感謝します。

えええ?揶揄されているんだよ。他の方の部分同様なんだよ。あ、そっか、狸さんの記事通りに思っているから揶揄されているとは思っていないのか。

拙ブログ管理人としては、学とみ子氏に対しては、ここまで数々の批判をしてきたところですが、この件でもおわかりのように、素直故なんでしょうか、批判しても皮肉ってもご理解できないでしょうから、今後は、当方を誤解した発言がない限り、あまり言及せず、この女医の方のユニークな発言を楽しみたいと思います。

一方、元PTA会長mjもんたは
mに感動します」を読んで;

2018/4/14(土) 午後 11:23 [ m ]
妄想爆発のバカ野郎の記事など興味は有りません。

だそうですが、
ヤフーの中」も読んで、

2018/4/14(土) 午後 11:23 [ m ]
真面にこの問題に対し追及されてる記事だと思います。
同一人物なのかもしれませんんが、個々の記事から自分はそのように感じました。

どうして個人ブログなのに同一人物の書いた記事と理解できないのかわかりませんな。
学さんと違い、こっちはさらに低いレベルでの認識する能力が低いとしか判断するしかないですね。このユーモア/皮肉を理解する以前の問題なんでしょうね。

2018/4/14(土) 午後 10:24 [ j ]
sighは管理人=ため息
そういうことか、ため息センセ

なんと、今頃認識したんですか!?! sigh の意味わかるよね? WordPress運用しているんだよね?ブログタイトルとユーザ名とブログ管理人の関係わかっているよね?管理人のハンドルネームがsighなのはコメント欄を見てもわからなかったのか。情けないですな。でこの記事に対しても理解できないから「屁理屈」と言うのでしょうね。

ちなみに死神の記事の2番めのコメントについてなんやら煩いが、これはその前のコメントに対応しているのね。だから言葉が過ぎたのね。記事本文のほうが主旨なのね。

記事のタイトル

小学校のときから作文するときは、その作文のタイトルは本文の内容に沿ったものにするというのを教わったと思う。タイトルは短いわけでその本文内容を象徴するとか、キャッチコピーのように読者の気を引くようなものとかになるわけだ。「あの日」なんてのは興味を引くキャッチコピーそのものでしょう。

ブログのコメントに責任なんかない」という記事のタイトルは、できが良いか悪いかは別にして、記事内容に沿った内容でなおかつ興味を引くようにしたキャッチコピーでもある。読者に誤解を招くことを意図したタイトルではない。作者の考えか他の方の考えかも明らかにはしてないキャッチコピーで、だれの発言でもいいのだ。

記事は、何故、元PTA会長mjもんたのコメントが検閲されるようになったのかを説明するもので、「コメントに責任なんかもてるか」と発言したのだから検閲されて当然でしょという内容だ。だからそのままのタイトルで、なにも学とみ子氏の誤解を招くことを意図したわけではない。

学とみ子氏が拙ブログ管理人の指摘の応じて謝罪し、記事を取り消したわけだが、余計な擁護の一人が;

2018/4/12(木) 午後 5:47 [ セイヤ ]
「ブログのコメントごときにそこまでの責任は有りません。」というmさんに「それなら、俺もお前と同じようにするよ、文句があるか!」と言っているわけだから根は同じで、どちらの引用先かで誤解を招くようなことはありません。

どこで「それなら、俺もお前と同じようにする(無責任に発言する)よ、文句があるか!」と言っているんでしょ?勝手に拙ブログ管理人の意見を作り上げてほしくないですな。これに応じた学とみ子氏は;

2018/4/12(木) 午後 7:02 学とみ子
> セイヤさん
>根は同じで、どちらの引用先かで誤解を招くようなことはありません。
確かにおっしゃる通りで、ご助言ありがとう。
ため息先生は、mさんの言葉をそのまま、自らの記事のタイトルにしている位ですものね。記事タイトルを引用した学とみ子を、待ってました!とこき下ろすのが、彼らの戦法です。

誤って解釈して記事を書いたことを謝罪したんじゃないのかよ。どこが根が同じなんだ?読んで反省したんだろ?学とみ子がアクセスするかどうかわからないのに、学とみ子を引っ掛けるためのタイトルであるわけがないだろうが。何を反省しているんだよ?さらに;

当方も、今回で懲りたので、これからは、対岸の火の粉を浴びないようにしたいと思います。

だそうな。意味不明ですね。対岸とは拙ブログのことなんだろうか?そして拙ブログは火事なんだろうか?

そして元PTA会長mjもんたは;

>2018/4/12(木) 午後 9:33 [ m ]
> 学とみ子さん
自分の発言でご迷惑をお掛けしたことをお詫び致します。
正直、あまり覚えていませんがそれらしいことを言ったのは事実かも知れません。
しかし、ほんとに下らんことでイチャモンをつける姿には、人としてのスケールの小ささを強く感じます。

「事実かもしれません」??拙ブログを見たんだろ。自分のコメントが掲載されているのを見たんだろ。憶えてないのかよ。発言に責任を持たないことが「下らんこと」なんですね。議論に加わってほしくないですな。といっても元PTA会長mjが議論しているところを見たことがない。

>学とみ子様

>学とみ子様
はじめまして、貴殿が嫌っているため息です。
貴殿のこのブログ記事には誤解があるようなので訂正をお願いします。
「このブログの英文をあれこれとこき下ろした」のではなく日本語でも論理がわからんと書いと書いたつもりですがご理解できないようですね(ttp://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=11480)。学なし子さんのコメント(ttp://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=11504#comments)を読まれたようですが、意味がわからないので添削もできないとおっしゃっています。英語の問題ではないのです。
(続く)
(続き)
これはさておき、
「ため息氏もタイミング良く、4月10日のご自身のブログで言っています。
”ブログのコメントに責任なんか無い”と・・・。」
という記述は誤解を招くので訂正してください。「責任がない」と発言したのはため息ではなく、元PTA会長のmjもんた氏です(ttp://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=11524)。ページのURLも記載してください。多くの読者がおられるようですから、引用先を明らかにして、読者に誤解を招かないようお願いします。
” j ”のような下品な発言が承認されるのですから、このコメントが承認されること、そして訂正されることを期待しております。

とコメントしてみましたが、承認されるでしょうかね?

[ 追記 ]2018.4.12
学とみ子様には承認していただきました。

引用文間違えたようです。
m氏の言葉なんですね。
謝罪と共に、消させていただきます。

とのことで、本文から消去しただけです。「引用文間違えた」のではなく読んで理解もせずに引用したわけで、正確な日本語で表現してほしいですな。また、本文から消すのではなく、残しておいて、これは間違いだと謝って加筆すべきですね。これでは、拙ブログ管理人のコメントが間抜けに見えるだけですね。
しかし、拙ブログをろくに読みもしないで記事を書くところからもわかるように、様々な資料もきちんと読まずに、理解せずに記事を書いているんでしょうね。
で、最後っ屁は「ノフラー氏に、日本には、ばかな擁護派が残っていて困るとかの投稿はいかがでしょう。 」だって。ネジ曲がったお方なんですな。

しかし元PTA会長mjもんたも

2018/4/11(水) 午後 10:12 [ m ]
だから、あのブログでカマをかけたのです。

だって。mの誘導尋問にひっかかり実態がばれちゃった方がいるのでしょうか?。拙ブログに来られる方々は、mjもんたを除き、なにも隠しているわけではないのにね。

管楽器の方も

2018/4/12(木) 午前 0:21 [ Ooboe ]
非生産的で無意味な相手とのやり取りは
お避けなさったらいかがでしょうか

だそうで、学のブログ自体が非生産的だと思うところですが、どうでしょ?

右クリックで別名での保存ができないーJavaScript について

Webページを公開しておいて、コピーを禁止するという了見はよくわからないが、例えば学とみ子のYahooブログは個々の記事のページではマウスの右クリックで「別名で保存」を選択しても保存できない。トップページは問題ない。だれもこんなブログを剽窃することはないと思うのだが、そして引用して批判することのほうが多いとおもうのだがYahooブログのデフォルトなんだろうか?魚拓を自分のパソコンに置くのに都合が悪い。一部を引用するためには文章をコピーできるからどうでもいいけど。しかし、引用する場合は、その引用文字列とともに、ページのURLとか記事のタイトル、コメントの場合はコメンテータとその日時を記録する必要があるから、別々に行う必要があり、後に記事の訂正等のときに、引用先が更新されちゃったりすると面倒なので、問題があるページの場合、まるごと保存しておきたい。

2018.4.15 現在の話である。

Mac のChrome(バージョン: 65.0.3325.181) では JavaScropt の許可、不許可に関係なく 右クリックで 「別名で保存」 を選択し、「ウエッブページ、HTMLのみ」 「ウエッブページ、完全」 の選択を一度変更すると、どちらのモードでも保存できる。選択を変更しないとボタンがグレーのままでできない。「ウエッブページ、HTMLのみ」 の場合は単一htmlファイルで、「ウエッブページ、完全」 の場合は、ページ本文のhtmlファイルと図等が収納された同盟のフォルダでダウンロードされる。

MacのFirefox(59.0.2 (64 ビット)) では JavaScropt の許可、不許可に関係なく 右クリックで 「別名でページを保存」 を選択すると、「ウエッブページ、HTMLのみ」「ウエッブページ、完全」 「テキストファイル」 「すべてのファイル」の4つのモードが選択できるが、このどれも有効ではなく、選択を変更しても、Chrome とは違い、相変わらず有効に変化しないので、保存できない。

Mac Safari(バージョン11.0.2 (13604.4.7.1.3))では JavaScropt の許可、不許可に関係なく 右クリックで 「ページを別名で保存」を保存 を選択すると、「Webアーカイブ」「ページのソース」 の2つのモードが選択できるが、このどれも有効ではなく、選択を変更しても、Chrome とは違い、相変わらず有効に変化しないので、保存できない。

原因は調査中。 ほかのYahooブログではこのようなことがないようなので、デフォルトでは許可していて、個々のユーザがJavaScript以外の方法で禁止の設定している可能性がある。Yahooブログを使ったことがないからわからない。

結論:Mac では、Chrome を使えば丸ごとコピーできる。

回避策
その1)ウエブ魚拓に保存しこれからファイルを保存する。 ー> できなかった。
その2)印刷を選択し PDF 保存とする。 ー> 可能だ。

以下はページをコピーするのをJavaScriptで禁止していたら、ブラウザでJavaScriptを無効にすれば解消できることについてである。

まるごとコピーを禁止しているのはJavaScriptを使っている場合が多いようだ。
JavaScriptでHTMLの部分に

とすると右クリックが禁止される。

とすればコピー禁止になる。
ただし、これはユーザのブラウザがJavaScriptが有効になっている場合だけ有効である。

だから右クリックでページを丸ごとコピー出来ない場合、JavaScriptで禁止している場合、ブラウザの方でJavaScriptを無効にすればいい。

Chrome の場合
(1)右上の点が3つ縦に並んでいる所をクリックし、下から2番めの 「設定」 をクリックする。

(2)一番下にスクロールして 「詳細設定」 をクリックする。
(3)プライバシーとセキュリティ の下から2番めの 「コンテンツの設定
ウェブサイトに使用を許可する情報や、表示してもよいコンテンツを管理します」 をクリックする。

(4)上から6番目のJavaScriptが許可になっているから、

クリックして 許可(推奨)のスイッチを「ブロック」に変更する。

(5)設定 タブを閉じる。

Macintosh版Safariの場合
(1)メニューの[Safari]から、[環境設定]をクリックする。
(2)[セキュリティ]をクリックします。
(3)「Webコンテンツ」で[JavaScriptを有効にする]にチェックをはずす。
(4)「セキュリティ」ウインドウを閉じる。

ほかは JavaScript 無効 とかで検索してちょうだい。
無効にしたままにするとトラブルになるページがあるから、デフォルトのブラウザは有効にしておき、もう一つのブラウザを無効にして使い分けるのがいい。
ブラウザ毎に簡単にスイッチできるアドオンとかがあるかもしれない。

Firefox の場合
(1)検索窓に about:config と入力、エンター。
(2)警告がでるが、無視して、検索窓に
javascript.enabled
(単純に java だけでいい)と入力
(3)javascript.enabled をダブルクリックすると true と false を切り替えられる。
javaScript を無効にするには false にする。

Safri の場合
(1)メニューのSafari から 環境設定 を選択し、セキュリティのタブを開く
(2)Webコンテンツ:JavaScript を有効にする のチェックのある無しで設定する。

あなたのブラウザでJavaScriptを有効にする方法にアクセスすると、現在 JavaScript が有効か無効かを表示してくれる。