2008.8

#######################################################

8.13(水)

 正義は依然として夏休み。1300台にもう少しというところまで行ったのですが、ど素人さんのおかげで回復。

 知らない人が、姫がへぼなのに勝つもんで怒り来るっています。見知らぬ人がいるときは謙虚なことばを吐きますが、正義には絶対言いません。いかに詐欺師であるかがわかる半荘です。

この前の半荘で、親はねを正義とこの知らない人からそれぞれ取り、トップでしたから、姫丸はご満悦。ですから、意に反して謙虚な言葉を並べています。こういう謙虚な言葉を並べるのはご機嫌なときです。

ひめ丸>ね 私はラッキーなだけなの 
☆ENGELIC☆>わかる
お馬鹿正義>強欲因業吝嗇婆をぶっとばさないと
ひめ丸>下手でもあがれるから サンマは
☆ENGELIC☆>しってる

そして、この半荘でも、東の1局で親の姫丸が倍満自摸。

お馬鹿正義>むか
☆ENGELIC☆>ありえん
お馬鹿正義>うんだけのくせに
ひめ丸>ありえないのがあるから さんま
お馬鹿正義>はきださせてやる
ひめ丸>そなのよね 吐き出すのよね これを全部

なんて謙虚ですね。心の奥底はちがっていまして、「やった。またトップだ」ですよ。大嘘つきですからね。

ひめ丸>アメリカのリレー すごいわよねぇ

となんとか話題をそらそうとします。このあと、姫は正義に振ったりするので、知らない人は怒り、

☆ENGELIC☆>ふるな
ひめ丸>ごめん でもね わからないから振っちゃうのよね
☆ENGELIC☆>うっさい
ひめ丸>そうカリカリされても困るのだけど

なんて、まだ勝っていますので余裕綽々。

☆ENGELIC☆>呆れてるだけ
ひめ丸>呆れるくらい下手なのだから うっさい などと怒らないで欲しいわ 

ひめ丸>あら そこか

しかしですね。南の2局では親満貫振ったりして、らすに。3500点に落ちちゃいました。

この後倍満を自摸ったので回復しました。、

お馬鹿正義>むか
☆ENGELIC☆>しぶとい

最終局で

と正義に親はね振って飛びました。

☆ENGELIC☆>・・・
ひめ丸>あーあ
お馬鹿正義>ほんとに はきださせた

お馬鹿正義>へぼー らす〜♪

しかし、ご機嫌だと、こうまでも自分の思っていることと違った言葉が出てくるのも不思議な言語中枢(あるのかどうかわからないけど)ですな。

 

8.11(月)

 正義は夏休み。妖怪は暇、暇、暇。というわけで月曜日の午前中打ちました。

 1300台がもうすぐなのですが、ねばっています。

 北京オリンピックが開催されています。北島の100m平泳ぎ決勝がせまってきました。きもそぞろ。て別にオリンピックのせいじゃないですよ。こんな風に飛ぶのは。

 まず、知らない人に飛ばされて、次の半ちゃんです。正義が姫から39,39と取ったりした後の局です。ダブ東を鳴かせ、發も鳴かせ、さらにドラの西まで鳴かせて、ようやてんぱりました。6pきったら振聴。しょうがないから4p切って立直だって。親は最低跳満貫。対々和とか混一色で倍満の手ですよ。それなのに立直だって。ま、だまでもおなじことですけどね。


お馬鹿正義>れんぞくとび
お馬鹿正義>オリンピックだから3段とびだな
ひめ丸>もう水泳みる
お馬鹿正義>へへへ
ひめ丸>また午後にね
お馬鹿正義>陸上やらないの?
お馬鹿正義>3段飛び
ひめ丸>やらないの!
お馬鹿正義>さよで

と、折角北島が決勝で世界新で優勝したのに、ご機嫌斜めですよ。