姫丸様が正義に教わりホームページを作ろうと
悪戦苦闘したしている経過です

押してはいけないボタン→ 

2006年9月22日

2006年9月22日

すごい思想の人がいるもんだ。姫丸様の非論理性なんて、真っ青! その2

毎日新聞9月22日 ◇坂東眞砂子さん寄稿…子猫を殺す時、自分も殺している

 私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界 をなんとか保持している。飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢 (ごうまん)さからだ。
 さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。
 しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。
 「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼うには、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。
 しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。も し私が、他人から不妊手術をされたらどうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底で「私は絶対に嫌だ」 と絶叫するだろう。
 もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチスドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がその対象だった。
 他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。
 エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。

ううう。ひどい論理だ。

事実関係を知らないままの告発」この部分だけをとっても、矛盾だらけ。

子猫を崖から落としたのは事実でない。としたら → 嘘つきだということになる。
子猫を崖から落としたのは事実である。としたら → 虐待していることになる。

それとも子猫を崖から落として殺すのは虐待ではないのだろうか?

両側の卵巣腫瘍で切除せざるを得なかった人、子宮筋腫で子宮を切除した人には生きる意欲がないのだろうか?

生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している だって。

死んでないじゃん。なにいってんだよ。姫以外にもいるんですな。こういう人が。