あわび

 あわび 刺身

 あわびは、塩をふってたわしでこすり、表面のぬめりを洗い流します。

 へら状のもの、今回はケーキつくりで使うスパチュラで、貝殻に付着している貝柱を剥がします。

 外套膜を左手の指で持ち上げ、殻との付着分をみつけて、へらを間に押し込むようにすればすぐはがれます。

 外套膜も殻に密着していますので、丁寧にはがします。指ではがれます。
  とりだした身と殻です
 内臓や外套膜を指やとがった包丁できり分離します。左したにある赤いのがあわびの口で、赤い筋肉でできており、この中に歯があって硬いので食べれません。と取り除きます。
 貝柱と内臓がきりはなされました。
 包丁をいれておきます。

 さしみにするときは反対側からこの切れ込みと直角にスライスにします。