比較

決して正義が東風に強いとはいいませんが、ちとひめ丸様と比較してみました。

サンマは運が左右しする率が4人打ちより大きいです。どんな人でも1位~3位の占める割合はそれぞれ33%に近い値になると思われます。総試合数は両者とも5000を越え解析に十分だと思われます。姫様の方が少ないのは正義のところにあるデータ、すなわち正義が参加したときのデータですので、実際は姫様は正義とは打たないで、こそこそ素人さん相手にRを稼ぐことをしていますので、もっと多いことになります。正義はほとんど姫様以外とは打っていませんので両者対決の結果と考えていいでしょう。

070429table-1

1位~3位の割合を1/3、つまり0.33333 を検定値としてχ2乗検定しますと。限りなく1.00 に近い値、すなわち、このくらいの変動は確率的にありうることで有意な差がありません。

したがって以下の小さな差について議論しても統計学的にはあまり意味がありません。しかしですね、現在の姫様と正義には大きな差があります。それらはこの表のどこに表れているのでしょうか?1/3との差を計算してみました。値が小さいので%表示にしてあります。一位の割合が高いのに対して2位3位のそれが小さいのがわかります。翻って正義のほうを見てみましょう。1位の割合が小さいのに対して、2位の割合が高く3位の割合が低いのがわかります。

このことから正義より姫様のほうが1位になることが多かった、「強い」 ということを意味しているのでしょうか?

いいえそうではなく、正義のほうが3位になりにくく、2位が多いのに対して、姫様はどれも確率、すなわち運そのものにしたがっていると考えるのが妥当でしょう。つまり正義は、確率という運に逆らって負けないことを試みているようで、姫様は天然そのものということですね。

このことは各試合での終わった局の結果の数(表の下半分)でも表れています。1試合あたりの局の数は9.4~9.6なんですね。連荘、流局が平均3回以上はあるということですね。ここで姫様と正義の違いは、なんでしょ?

ツモられた割合(-ツモ)には差がありません。当然ですね。それに対して振込み(-ロン)の割合 には大きな差があります。つまり正義は姫に比べて振り込まないことがわかります。また流局その他のような勝ち負けがつかなかった割合は姫様が3.63(1.95+1.68) なのに対して正義は3.97 (2.18+1.79) です。ここにも正義が少なくとも負けないという方針であることが表れているようです。

こういう脳ー天気、天然の運任せの妖怪と常に考えて慎重にことを運ぶ人間との差が、総得点(累積点)の差なんでしょうな。

書初め

ブログの書初め

書初めがまたもや姫丸様のことになるのは、なんともはやつらいものがあります。

今朝の東風ではは途中からフォークが入って 打ちましたよ。そしたらあっという間に姫様のRは20も減りました。いままで、ど素人さんをだましてRを上げていた証拠です。姫様の本日のRの変遷は、

朝 08時42分 本日の打ち始め R1495

朝 11時31分 最後の局 R1468

でございます。フォークがいるとどうしても、運だけではどうしようもなくなるのであります。