元気をだせよという会

女性に元気をだせよなんて恐ろしいことは言えない。男性にだけだ。というわけで、その対象の男性と息子さんをご招待。妖怪様からの予約のほうが先だったけどね。

前菜は;

20160723appetizer

あいなめ刺し身で梅干しあるいは納豆包、酒盗のきゅうりとタコの和えもの、牛のカルパッチョ、で、

20160723katsuo

何も見えないけどカツオのたたき、そして

20160723salmon-pie

サーモンとフォアグラのパイ包み焼き、そして

20160723subuta

黒酢豚、デザートに;

20160723peach

もものゼリー寄せ というわけでした。

例によって、結局なにが激励会なのかよくわからなくなる酔っぱらいの会でしたな。

“元気をだせよという会” への 1 件のフィードバック

  1. ご馳走さまでした。

    「元気を出して」には、美味しいお料理とお酒がなによりだと実感。
    正義のお料理がとても良い仕事をして。
    千の言葉よりも、次々に出てくるお料理、貴腐ワイン、CAVA、日本酒(獺祭、大七)、きっとその他にも出たのでしょう。
    お二人とも(特に息子さんは、目を瞠って驚嘆の言葉)召し上がりながら、様々なお話をなさっていらっしゃいましたね。

    上記のメニューにプラスして海老真丈のお清汁。写真を撮り忘れ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です