カラー・レーザ・プリンタ

ネットワーク対応カラー・レーザー・プリンタも安くなったもんで、A4版までなら10万円も切っている。

だからといって捨てることはないと思うが、ゴミ箱から拾ってきた。EPSON PL-V500だ。

ドライバをダウンロードしてインストールして動かしてみたら何の問題もない。トナーも4色ほぼ満タン。どうして捨てたんだろね?

以前のモノクロのレーザプリンタ、古くてwin7用あるいはMacOSX用のドライバを作ってくれないので捨てた。今度のは、まだ製造中の機種だ。

貧乏人はこうでもしないとプリンタは手に入らないよ。たぶんトナーを使いきるのに数年かかるだろうな。家ではほとんど印刷しないからな。

「カラー・レーザ・プリンタ」への4件のフィードバック

  1. ゴミと判断された物品をゴミか有用物かに弁別できる目がある正義にとっては「玉手箱」なのだ。
    たとえば、ヒネマルがゴミ箱にすわっていても-すわっていて生ごみとして処理してほしいものだが-鑑識眼のある正義は、蹴飛ばすだけなのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください