娘の為の簡単レシピ
正義とは誰か!ここに答がある(かな?)

 

2004年11月分

    いつのまにか木々も梢もさびしくなり 風が落ち葉を運ぶ

               黄色く赤く染まった葉が歩道につもり雨に濡れる

☆ここでは、正義が毎朝、どう私をいじめているのかを披露します☆

07:57 <himemaru> まだ 何もかんがえてないもの
07:58 <himemaru> お馬鹿正義日記とか。。。。
07:58 <himemaru> いいかもしれない
07:58 >seigi< おれは 管理者だから いくらでも 削除できる
07:58 >seigi< 検閲できるのだ
07:58 <himemaru> ふふん
07:59 <himemaru> 言論の自由を
07:59 <himemaru> 要求します
07:59 <himemaru> 200 もいらないわ
08:00 <himemaru> 10あれば、正義日記できそう

 

 

11月27日(土)

昨日夜、娘が帰宅。

あいも変らず『お友達』と一緒。ジブリ美術館を見に出てきたそうだ。

ほんとうに仲のよろしい事です。

 

午後は娘達の帰宅に合わせて一緒に出て買い物数件、用足し一件。

帰宅してそのまま駐車場にて洗車に励む。ずーーーと10年近く乗ってきた車だが自分で洗車をした事は殆どない。

ガソリンスタンドで自動でやってもらうのが年に1,2回くらい。

動けば良い、で綺麗にしてもらえない、ほんとうに可哀相な車なのだ。

液体の車シャンプーとかいうのでスポンジでくるくる。

おお!!!綺麗になる!!!!!

本当は、ここで固形ワックスを使うとピカピカになるらしい。

どうせだから明日は固形ワックスも買ってきて少し塗ってみようかと思うほど見違えてしまった。

 

夕食は一人かな、と思ったら、息子が「何か無い???」と7時間近に来る。

急遽ありあわせながらも、息子の好みの料理をはじめる。

蕪の即席漬物・蕪の葉のごま油炒め(これが美味しいのだ)・豚肉のピカタ・付け合せの野菜サラダ。

ピンピンした葉っぱに惹かれて農家直販で買った一束100円の蕪。

以前はぶつぶつ文句を言っていた、蕪の葉を「これ、美味しいね。全部食べて良い?」と残さず平らげた息子。

2合炊いたお米全部、おかず全部。私の分のお肉も思わず「食べる?」とあげてしまった。

 

11月10日(水)

殆ど日記を書かないままに11月も中旬となった。

私は時々正義に心から怒る事がある。

日曜日ののんびりした昼間のこと。正義に心から怒る事は、年に二回くらいじゃないか、と鯨に言ったところ「一時間に二回の間違いじゃないか?」と言われる。正義は「今朝だって怒って絶交―って言っていたじゃん」だそうだ。

日記をずーーーと見直して、一番近くでプンプンしていた記事を漸く見つけた。

去年の12月11日だった。

年に一回しかブッツンしていないとは。なんだかもっと年中キレテいるような気がしていた。

勿論、そのキレルには、東風の正義の姑息な上がりとか、正義の口癖のアホとかは入っていない。

もっと根源的な部分で、正義が私を怒らせるのだ。

とはいっても、年に一回しか本気で怒らせないのなら、まぁマトモかな、と変に感心してしまった。

 

と、どうでも良い内容の日記で11月が始まる。